読者登録お願いします
スポンサーリンク

ワイス博士の前世療法や前世の業や因果

さてトラウマや問題 スピ的アプローチも精神医学的アプローチも今までって
過去の原因にアプローチしてじゃないですか?

ま、その原因が本当かどうかは置いといて 幼少期であったりスピであれば前世まで行ったり
今 欧米の結構先進的 ですと 未来へだったりもなのです

そのアプローチが 案外腑に落ちるといいますか 基本私のアプローチ(偉そうですが 術的な)と感覚的に似てて

未来にフォーカスといいますか 過去の原因と未来の像 どっちにもアプローチ的なのです
それすごくわかるなあ

たとえば 過去の前世療法なんかで(仏教の滅罪なんかでも)過去の因縁が消えたと仮定するじゃないですか?

過去の因縁が消えたら未来はうまくいくか?というとそうじゃないですよね?

ゼロに戻っただけで 例えば その地点に戻ったとしても 思考の癖が抜けない限り似たようなことは起きるかもですし 

ま、思考の癖事態も因縁です、宿業ですと言われたらそうかもですが
ではそれが消えたとして ゼロポイントに立つとするでしょ?

でも人生の運転の仕方がわからなかったらうまいこと人生運ばないでしょ?というお話で
だったら 未来のなるべき姿やらを 設定して さてそこに行くにはどうしましょう?

その道を具体的に探りましょ というとこまで必要なのです という普通に考えれば当たり前でしょ?という話

スポンサーリンク

読んだら 当たり前じゃん いまさら何言ってるの?と思うでしょ?

ですが実はスピ的アプローチ それがないでしょ?過去の因縁をいかに消すかだけで
消したらすべて改善!!

そんなことはないのです 消すのと未来をちゃっかりは別物ですから
逆に言えば 消さなくても ちゃっかり未来が流れてくることだってあるわけ

でですね 大事なのは 未来にアプローチって 基本は現実的に具体的になわけ

曖昧だったりするのも 時としてありなのですが 基本は現実的に具体的に

そうすると 案外脳が勝手に希望あるじゃんってね ということで続きは明日

スポンサーリンク

コメント

  1. 翠榎 より:

    ワイス博士ご自身、前々作からはご指摘の『未来世』療法という治療アプローチについて語り出されていますけどね。
    それと前コメで批判的にとられたかもしれないので、ワイス博士の名誉のために言っておきますと、彼は初来日した時、読売新聞のインタビューで、記者から、日本人はこれからどのように生きたら良いのかの意見・アドバイスを求められた時
    「日本には古くから、神道や仏教などの優れた精神文化を築き上げてきています。ここから離れるべきではありません」
    と答えているんです。それもインタビューの最初と最後の2回にも渡って。
    『前世療法』で、エール大学医学部大学院卒の超エリートによって書かれた臨床結果として、その驚愕の内容とともに世に華々しくデビューしたワイス博士ですが、そのデビュー当時はどちらかというと、スピの定番といいますか、既存の伝統宗教に対しては批判的とも受け取れる内容で満ちているところがありました。
    しかし、それから数年の時を経て、心境の変化があったのか、あるいは「アチラ側」からのお導きがあったのか、その後は新しく著書を出されるたびに、初期の頃の伝統宗教批判はなりを潜め、上記しましたように、日本でも西洋でも中東でも、それぞれの社会が長い時間をかけて築き上げて継承してきた宗教、つまりは仏教や神道やキリスト教やイスラム教などを高く評価する方向に向かいました。
    決して「今までの宗教など無用の長物。だからぜんぶぶち壊してしまえ!」等といったような、ドラスティックに物事を「改革」していくことを主張されている方ではありません。
    これは先達や私とも同じ立場ですし、ワイス先生自身はとても良心的で誠実なお人柄のお方であるのだと思います。

    ちなみに、上記しました「全部ぶち壊してしまえ」の立場をテーゼとして陰に陽にとこれを推し進めているのが(もちろん、「ワンネス」とか「新世界秩序」とかいった、耳障りの良い美名の元に)、これまで何度も申し上げてきましたアンチキリスト=悪魔崇拝者たちです。

  2. jimi より:

    ワイスさん未来療法もですか!!私 過去生療法基本 否定的ですが じつはワイスさんは否定的ではないのです 著作2作も読んでまして ははは スピ系の著作を
    2冊も読んじゃうって 私の中では実はすごいのです 
    私が過去生をあんま勧めないのって 前世の業やらに仮に触れてしまったら
    一挙にその業が今世に解消のためにやってくると感じたのです
    少しずつ解消するものが 一挙に来ると 受けきれないこともあるかなあと

    ま、そのあたり勝手に感じただけで 病気もなんでも 基本かかるべき時間はかけた方が良い 焦るなよ 派ですので 記事にします