スポンサーリンク

伊勢白山道の先祖供養は偽物か?実際に効果はあるのか?真相は?

偉人のパクリを使ってるとありましたが 

まあ、いいんじゃないですか?


良い話って結局音楽や小説と同じで 

出尽くしていて プラトンの時代からじゃないですか


(多分 よく知らんが)

そんな頃から哲学という暇な文化人が

色々考えてたわけですから 

今更全く新しいものなんて


そりゃないっすよ 何を選んでくるかが大事であって 

ま、センスね

いい言葉はぱくりゃいいの 

でそれを誰が発言するかが大事で 

八百屋の親父がキャバクラで
そんな話してもウザイだけじゃん 

伊勢白さんが言えばってこと

じゃ、伊勢白さんの言うことは全部信じていいの?

ですが そりゃわからんとしか

その判断は御自分でしかなのです 先祖供養も 

私はやってます ありゃ駄目だという方もいるし
怖いという方もいます 

そこはここで議論する話でなく ですね

ただお香の煙でというのは そうなんですよ 

というのはあります 餓鬼なんかはのどが細くなってって

供物が通らないのである真言あげるじゃないですか

(陀羅尼というか)

煙と水って未浄化霊は頂きますから 

そこは でですね、結構視えるというか分かるというか

鋭い方にとって 多分実は引っかかるとこがあると思うんです

 私も実はそこはあるのですが

3角形にお香を立てるでしょ?そこね 

よい悪いじゃなく 

ああ、あえて3かくですなって

そこはブログでは触れません 怖いもん 

という感じ それ言っちゃうと皆さん突っ込みどこあるのです

斉藤一人さんだってだしね 

実はメッチャ洗脳といわれればそうかも知れんし

結構小林正観さんのお話に近いなって思うしね 

でもそんなのはどうでもいいの
出典先なんかはと思ってるので 大事なのは盲信しないこと

自分でよく考えたしかめてです 

私密教というものにはまってまして

でですね これって盲信しないと効かない、

つかめないものなのです。
なのであえて盲信です そこは おうちの陰陽

(というほどでも)の術もですが

効くか効かないかって自分で思いながらって

効くはずないのです

ちなみになぜに密教にという理由の一つが 

陰陽って自分でなのです 基本は

人の技といいますか 

なので自分の力量までしかなのです 

いわゆる技術職といいますか

スポンサーリンク

密教って自分はただメッセンジャーといいますか 

神仏がなのです 人智を越えた先のものといいますか 

神道なんかもそうですよね 

ま、それだってほんとかどうかわからんけどさ

そういうものなの あとは体系ですな 

うちなんかは陰陽道としての体系残ってないですから
術も色んなとこの美味しいどこ取り

でですね 何が1番色濃いかというと

 密教と霊符なんかは道教系ぽいですから

身固めなんかも不動金縛り(だっけ?)使ったりですから 

密教の本式とはかなり離れてるかもですが 

結構色んなものごっちゃぽいですから

伊勢白さん大きな絵を書いてる何かがいたりして 

ははは

私なんかにはうかがい知れません 

さて次は占いって必要か?って質問の答えでも

書きましょうか 

ういえば 師僧さんのとこ 

こないだダイニングの天井の隅っこから
顔だけにょきっとだした天狗いましたね ははは

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. チャム41 より:

    盲信=生まれたときからの刷り込みって強いですよね。無垢な子供のような感じというか。家の宗派であったり氏神様、ご近所の神仏など。ジミヘンさんなら陰陽道で。違う例えでグレイシーのマウント至上主義。中井ユウキさんが生まれたときからマウント取れば柔術でも総合でも勝てると教えこめばグレイシーになれるとインタビューで言ってました 笑 グレイシーはマウント取れば勝てると信じこんでるのが強さだと。信仰の信じきるとこと共通するなと思いました。