読者登録お願いします
スポンサーリンク

源義経は鬼神の化身 何回リーディングしても 鬼神なのです

今日大雨の中腰越(腰越状で有名な)

を歩いていたら鬼神

という言葉が浮かびました。


そして以前衣川で感じた

あの男が浮かびました。

そうです、日本史上最高の

軍事の天才源義経です。


この人こそ鬼神です。


日本史上鬼神と呼ばれそうな人は

何人もいるが一番近いのは

謙信君


で義経ですがまさしく鬼神の生まれ変わり。

と昔は感じていたのだが今は化身か


ついてたのか?ですがやはり化身だと。


鬼神が義経の姿で現れたといった感じが。

この人の独創的な軍事は

鞍馬時代や奥州時代にはぐくまれた

とか言う説もあるが


私が感じるとこだと完全に独創。

スポンサーリンク


ヒヨドリ超えにしても屋島、

壇ノ浦の嵐の出航や漕ぎ手を射るといった

誰もが考えることすら


出来ない作戦はその場の思いつきなのかと。


即断速攻型のひらめきの天才ですな。

しかも女性のようなもの静かな小男

[私のリーディングね)で

普段は何処にいるかも

分からないほど物静か(気配がない)

な男だがひとたび声を発すれば

誰もがひれ伏す

威厳を持ってます。


[高杉氏のように大声で怒鳴ったり

せず普通に発する感じ。

そのあたりの発し方は真田幸村


に合い通じます)。

そのあたりは頼朝は

とても恐れていますし

関東の武士団にすればとても不気味

底が全く見えない男)でこの世の人物と

思えない感覚です。
天狗がとかよく言われる

がそんなものではなく

鞍馬の大天狗は教えたではなく

この人物の露払いではないが

世にでる道案内をしたという程度で

完全にこの人の家来といった感じです。

で弁慶のモデルとなったであろう人物も

感じますが今で言うデビューしたての

ボブサップみたいな感じでまさしく

怪物的な肉体です。

弁説もさわやかで切れます。


そんな男でも義経に心酔というか

恐ろしくて顔も見れない感じです。

多分梶原景時も義経に意見し

一蹴されたとあるが直接は

怖くていえなかったかと。


人伝えに聞き一蹴したと感じます。


で義経の人ならざるもの

といった感を一番感じていたのが

実はあの京の大天狗といわれていた方ですね。

この方は実はそのあたりの

霊的な感覚はとても鋭く

どうにかしてこの人ならざるものを

手中に収めたくてあらゆる手を

講じています。


任官にしても最初は義経は断ってる感が。

資料だと喜んで受け、

頼朝の反感を買いその後に繋がるとあるが

事実は断りきれずに困った

といった感じで

また藤原氏が早い段階から

義経を受け入れたのは

将来もしかしたら役に立つかも?
程度の認識の庇護ではなく、

多分一目見た瞬間に本質を感じたと思います。
これは私の勝手なリーディングだが

義経を迎え入れたとき(鞍馬を脱出したときの)
阿弥陀堂でこういった人物がここに来て

この人物を旗頭にして
西国からの脅威を取り除くことになるでしょう、

といったことを感応しています。

鞍馬時代をリーディングすると

周りは本当に扱いに困ってます。
まず全くこの男の得体が知れない

というか子供のくせに底が見えずに
とても不気味。

で夜な夜な山の中に分け入ってますね。

それこそ天狗の導きで。
多分その山中でいろんなことを

知らず知らずに感じインプットし

後の義経となる
核が形成されてます。

ま、その頃に修験や僧兵なんかとも出会ってますね~

兵法を教わったというよりも

これが源氏の御曹司か~という感じで はい

ま、兵法をはじめいろんな話も聞いてる気もしますが

スポンサーリンク

コメント

  1. チャム41 より:

    義経公ある意味野生ですね。知性を持った野生って手が付けられないような 笑 その義経公に仕えた方、迎い入れたのも凄いなと 笑 平氏打ったあと憑き物落ちる的なことなかったんでしょうか?ないから化身なのかもしれませんが。でもそんな人恐くて討てませんよね 笑 義経公を遠ざけた鎌倉方、執権北条氏の戦略流石というか。義経公を利用した感じで好きではないですが組織の崩壊招きそうですよね。