読者登録お願いします
スポンサーリンク

孫正義も夢中な 戦略MGマネージメントゲームとは

最近ちょっと話題の戦略MGマネージメントゲーム

image

こんな内容です

●マネジメントゲームMGとは?
ソニーとCDIが開発、現在はマネジメント・カレッジが扱っている

(1)プレーヤーは1卓に4~6人。一人ひとりが企業の社長となる。製造業版の場合、何を作る会社にするかは自分でイメージし、仕入れから生産、販売までマネジメントする。
(2)自分以外のプレーヤーは、ライバル会社の社長と想定する。
(3)1期(1年)分として任意の時間(30分や1時間など)を設定し、何期分までを競うか事前に設定しておく。
(4)1期ごとに決算を行い、貸借対照表や損益計算書などの財務諸表を作成する。
(5)各プレーヤーは売り上げや収益の拡大を図りながら、独自の経営戦略のもとにナンバーワンの利益を上げることを目指す。

「ゲーム誕生は1976年。ソニー創業者の一人である故・盛田昭夫氏が、後継者育成を念頭に号令をかけたのが発端です。当時のソニーはエンジニアが大多数を占めていました。そうした中でも次代を担う経営層を輩出しなければならない。経営に関心が薄く、財務会計の素人であるエンジニアでも、短期間でマネジメントのノウハウを、効果的かつ楽しく身につけられるツールが必要とされたわけです」

結構おすすめ

スポンサーリンク

どんな感じかといいますと 日本史興味ない人が

漫画で日本史に興味持って(大河でも花の慶次でも)

それからは自分で登場人物や時代背景まで

掘り下げるのが楽しくなって めっちゃ日本史が得意に

なっちゃうという

そんな感じで 目指してのゲーム

孫正義さんも大はまり しててめっちゃ強いという

結局ですね 経営も 何かの道も

楽しくなければうまくならないのです

やらなきゃいけないのでいやいややるのと

それが楽しくて楽しくて 休みの日でも自分で調べたり

練習しちゃうのって おのずから結果が違うでしょ?

皆さんそれを向き不向きといいますが

結構ね 楽しいと思わせる環境つくりが

親や先生 はたまた経営者の仕事 手腕なのです

経営者さんがが結構 社員に経営感覚がなくてと悩んだりが

発想変えて研修に使ったりもね

案外ありです やってるとこ結構あるし はい

スポンサーリンク