ブログのパクリ問題を考える

スポンサーリンク

さて今日の電車めっちゃ濃ゆい乗客で

向かいの505くらいのおっさんは同僚の50くらいのおっさんに

みうらじゅんのいやげもの展がどこどこであって

俺行ってきて みうらじゅんのファンでさあと 全く興味なさそうな

同僚に熱弁!!

いやいや この迷惑っぷり いい年こいてといわれそうなみうらじゅん好き!!

めっちゃ好きです!!

サブカル親父は時に迷惑!!地で行くナイス親父!!

そしてその隣も50過ぎのおかまさん(ニューハーフという美しいものではなく)

の男装(って変な言い方 おかまのかっこうしていない)

2人組が大きなお姉言葉で(しかもどこかのなまりあり)

ジェスチャーもおかまさんそのもので大声でしゃべってまして

私の隣の若者が 降りるとき舌打ちして小声でうるせーな!!と

思わずJRの車掌さんのように 胸倉掴んでそのいいかたはなんだ!!

といいたい衝動に ははは

藤沢~江の島間の小旅行を楽しませていただきました ははは

さてパクリ問題ですが 私のような力のないものは大きな力のとこには勝てないのでしょうか?

とありましたが はい 残念ながら

です

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログやネットのパクリ問題って15年くらい前のHIP HOPのサンプリング

無断使用問題のようでして

私 一番素敵な対応したな~と思ったのが P-FUNK

当時もっともサンプリングで使われてたのがP-FUNK関連の音源で

彼らのとった行動が 4枚組くらいでサンプリング用の音源を正式リリースしたんです

カッコいい!!

ブログ記事パクられるって結局止められないです

もし本気で止めたかったら 見つけたらきちんと証拠として立証できる

資料として用意して 法的手段 これしかないですが

ただ 画像やらは立証できても文章は中々ね

労力考えたら実際はというとこなので

正直あきらめるしかないと思います

だって現状不可能だもん しかも個人の力では

私思うにですね 結局いつも言うように

発信力をつけるしかないと思うのです

めっちゃ発信力をつけて ファンを作って独特な世界観の

文章を書く ファンが読んだらパクったなとわかるような

それしかないです

そうすればどっちがパクったかは分かるじゃん

私パクリを全く気にしない理由の一つ それもあるんです

発信力ね めっちゃあるのです ははは

文章や内容も結構独特じゃん

大手まとめサイトなんかで使われても 多分ジミヘンの記事だ

とわかる人は分かると思うのです

それでいいじゃんと ちなみに1日1000人くらいでは発信力とは言えないですって

1万人くらいは作りましょう 月に最低30万アクセスくらいは

そうするとおパクリ云々全く興味なくなります

あとですね 私もそうですが 調べたりしたことをブログに使ったりするじゃん

それだってパクりなんだよね

ウィキ調べて使うのも 老荘の思想や儒教の教えなんか書くのもパクリじゃん

広い意味で

と考えたら 私だってそういう偉大なサイトや思想パクってるんだから

後発の方に私のブログパクらせてもいいじゃんと

も一つ 知識って手に入れたら それ誰かに教えてあげたりが大事で

独り占めしてると 次の知識入ってこない 降りてこないのです

商売でも同じ 良いアイデアは誰かに伝えて自分はその先のアイデアを

探すのが大事

いつも先頭はしってれば 古い知識なんかパクられたって全く関係ないと

一時日本のメーカーが中国に進出する際

合弁すると技術を盗まれる恐れが~って問題となってましたが

どうせ 今に技術なんて3年もたったら韓国も中国もキャッチアップするんだから

だったらあっちで利益を上げながら

日本は追いつこうとしてもその先の技術を次々開発するしかないよね

という理想を掲げてましたが

実際それしかないと思います 知的財産権(だっけか?)がないブログという世界

で パクリはダメと叫んだって パクられるんだから

ま、パクリはダメだっけどさ ダメだけど現実考えたらねと

私理想主義者ではなく現実主義者なので

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. なな より:

    そうですねえ、無料ブログの頃ですから一日1000アクセスで何人もブログ丸ごとダウンロードしようとしたのが出たから、これ以上アクセス増えたら何されるかわからないという怖さがありました。なので、ブログを閉鎖していまいました。

    あの頃はライブドアでしたので、せいぜい忍者バリアーするくらいしか方法がなかったのですが、今はワードプレスでそういった事も少しは防げるようになりました。
    なので、また少しずつアクセス増えるような方向にしていきたいですね。

    できる防御はしたから(かけすぎるとアクセスできないけど)割り切ることにします。
    反対にパクリブログからパクったりして
    パクリではなく引用だーと(笑)