武家の都鎌倉は かなりの心霊スポットです

スポンサーリンク

さて鎌倉の鶴岡八幡宮から徒歩10分ほど山のほうに歩くと

源頼朝のお墓と そのすぐ隣の山には大江広元と

その子孫 島津家の始祖となった島津忠久さん

その子孫で毛利家の子孫となった毛利さんのお墓もあるのです

しかも同じ敷地内には執権の北条泰時さんや滅ぼされた

みうらさんのお墓まで

DSC_0997

この坂の上が頼朝さんのお墓で

DSC_1002

墓石のすぐ横のこの敷地(3人いるとこ)

ここに政子以下幕閣等が頼朝の年忌法要時には

ここに集まって法要やってたそうです

腰に手を当ててるおっさんが 頼朝のお墓保存会の方で

つかまってしまい 嬉しそうに1時間ほどお話されちゃいました

ははは

でそのすぐ横のお山(徒歩1分)に先ほどの大江さんたちのお墓が

DSC_1000

この階段の上にあります

お墓もですね いわゆるやぐらという

平地の少ない鎌倉独特の 横穴に建てたもので

横穴は入れるのですが

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大江さんのお墓のやぐらに入った瞬間 う!!っとなりました

これはやばい!!といいますか

怒ってる云々というよりは なにか呪術してる感じが

DSC_0998

お墓は江戸時代後期に長州藩が整備してたりで

この石碑も当時のものかと

ですが これもちょっと怪しくない?

なんとなく玄武かなとか ははは

ジミヘン説では大江さんよく呪術を知ってる方で

鎌倉の陰陽師は大江さんが都から連れてきたと感じますから

ちなみにお墓はさすがに怖くて写真撮れなかったです

多分大江さん死んだ当時のお墓には絶対呪術施したと思うのです

どんなかといいますと 絶対に鎌倉幕府を守るという

で仮想敵は 朝廷でしょうね~

そのあたり次回記事に

ちょっとこのあたりかなり怪しいのです

もしかして鎌倉の最重要地だったのでは?

霊的にはと思って

DSC_0994

さておまけ このあたりの鎌倉らしい小径です

私の中ではこのあたり 鎌倉の

奥座敷と呼んでます はい

鎌倉観光に行ったら 鶴岡八幡宮から杉本寺あたりまでを

のんびり歩くのがおすすめ

いわくの鎌倉宮なんかを見ながら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする