スポンサーリンク

お見合いパーティで村おこし

さて先日サーフィンをしてたら 波待ちの位置に

黒い鳥が浮かんでまして よし捕まえようと近づいて行っても

逃げない ので背中撫でたりしても逃げない

もしかして弱ってるのか?と思ったりで でよく見たらカラスじゃん!!

カラスもよく見るとつぶらな瞳で可愛い

そしたらなんと サーフボードの上に乗ってきて

史上初の波乗りカラスじゃん もうね 皆さん大注目!!

ま、少ししたら飛び立っていきましたが 弱ってなかったです はい

そのうち 天草四郎のようにハトが肩の上で卵産みますよ!!!

さて話脱線 表ブログのコメで 過疎の村なんかの町おこしに

恋愛神社使えばいいじゃんと 思いつきましたが

どこの村でも(できれば 東京近郊の地方都市のほうが)

恋愛の神としてアピールできる神社の御さいしん様いるでしょ?

と話脱線で 以前対面で結婚相談所を立ち上げ~と言う相談あって

都内から電車で1時間半くらいの地方都市狙いはありだなと

そこの行政と上手にタッグ組んで

スポンサーリンク

都内の妙齢女子をマッチングパーティーというね

となると前橋とかあのあたり

なぜその距離かといいますと やはり都内のOLさん

いざ結婚で引っ越しとなると あまりにも地方は嫌じゃん

やっぱ

都内で習い事やら食事やら楽しく過ごしてたのが すべて捨てるのは

ですが 前橋とかあたりなら まあ都内に来るのもこれんことはないし

そこまで田舎でもないし 嫁ぐならまあいっか みたいな感覚はあるじゃん

多分

話戻りますが そういう神社をですね 恋愛の聖地的に売り出しちゃって

行政や商工会主催でお見合いパーティをまめに開くのです

結構いろんなとこでもやってますが そこに恋愛の神様という

アイテムをもってきて

且つ大手の結婚相談所なんかともタッグ組んで

そこからも紹介してもらって しかも男女とも参加費は

村が負担で村の地産のステーキやらお食事は豪華!!

そしたら結構来ると思うのです はい

こっからが大事なのですが 結婚したらおめでとうで終わっちゃうから

どこも弱いのです

結婚したらですね イベントを大々的にです

結婚式は妻こだわりありだから 各自好きにしてもらって

その後 無料で村主催の結婚式参加させちゃうのです

当然神前で しかも夜にちょうちん行列なんかで村内を歩いて

狐の嫁入りのように

それを村全体でやるわけ 山村だったら幽玄ですよ~

でその素材を 後は上手にアピールしていくというね

面白そうでしょ??ちょっとねそこまでどっかでやんないかなと

それ上手にアピールしたら そこの神社恋愛の聖地的な

パワスポで売り出せるし 観光資源にもなるでしょ?

と思ったりするわけ はい

それこそ映画のロケなんかで使ってもらったり

色々取り上げてもらったりね はい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. johnny99 より:

    波間のカラスって霊的なのじゃなくて、ホンモノですか?(^^;A

    無料の結婚式までって、さすがですね!
    キツネの嫁入りって、子どもの頃の楽しみのお祭りのひとつだったのでいいと思います。 って、全国的にどこでも有るんですかね?

    最近では新築時のお建前って少なくなったので、厄投げみたいにお菓子やお金を振る舞って撒けば子ども達も大喜びで参加すると思いますよ。
    知らん人の結婚式でも(^^)

  2. jimi より:

    波間のカラス本物なのです 私ですね行政がダメダメな町おこしや
    振興しかできないのって
    結局自腹を切って経営をやったことがないから

    そんな人が具体的でよいアイデアや集客なんてできっこないですって
    経営なんて自腹切って痛い目にあって経験積んで覚えてくもんですから

    これですね 大手のサラリーマンなんかも 話してて確かにめっちゃ賢いですが
    と思うこと多いのです はい

    ただ兄に言われるのは サラリーマン経験がないから お前はサラリーマンのこと分からんぞと 確かにそれはその通りで なぜそれが通らんの?とか

    よく思ったりですが 組織ってそういうもんですから 多分