関ケ原で負けたら再起戦はないです

スポンサーリンク

さてトライアンドエラーですが

よく思い切り失敗してこい 責任は取ってやるということ

いう人いるじゃん でそれを真に受けて大失敗

そう言った上司が大激怒!!

ああ、もう出世はなくなっちゃたな 左遷だなと

私が常に言うこけてもいいと言って再起戦できる程度にね

なのですが

例えば野球なんかで思い切り振ってこい 三振してもいいから

とかその手は良いと思うのです

三振こいたって次がある

ですがビジネスといった大きなお金が絡む場合は

そりゃだめだ

仕事でもですね 本当に責任は上司がとってくれるのか?

見極めないと

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大抵は 俺はそんなことは言ってない 誰の判断を仰いだんだ!!

といいかねない

そこ見極めないと

武道でも格闘技でもまず受け身から入るでしょ?

そうじゃないと大けがします

これ人生も同じ

特に大勝負になればなるほど 受けみもとってかつ 状況も

よ~く観察して 勝てる戦わせねばなのです

皆さん勘違いが 戦はね負けてはダメなのです

負けた時点で死ぬのです

トライアンドエラーは戦の練習の時に許されることなのです

戦=大勝負ね

局地戦でなら負けてもいいけど 勝負をかけた関が原で(大きな仕事)

大敗こいたら 再起はないですから

大きな戦こそ転び方覚えておいて 致命傷追う前に

戦線離脱なのです

そうすればその経験は生かせますが 致命傷追ったら

経験値は上がりますが 次の戦はできないって

あとですね 当たり前ですがビジネスって後出しじゃんけん

出来るんです

誰かの成功体験パクっていいのです

ですが大事なことが 例えばその業界が大手も参入してて

過渡期であったりするでしょ?

それみて この商売こんなに儲かるんだ~といって

大手の手法真似して そこに工夫入れて参入

まあ失敗するよね 大手ほど資金力もネームバリューもないもん

じゃあどうするか?

大手と似たような事なんだけど 大手が手を出していないニッチな

横道的な商売始めちゃうとかね 発想としては

大手のスーパーの隣でちょっときづものだけど

大手よりもかなり格安の八百屋やっちゃうみたいな

それはありですね

ただ条件として 多店舗化は厳しいけどさというね

メインストリームのちょっと横で需要がありそうなものって

個人で商売始めるなら案外おすすめ

例えばサラリーマンのダブルワークとかでも

お店持たずにネット販売なんかでも

発想的にはね その発想はありなのです はい

ま、具体的には内緒ですが

コンサルの仕事なんかも 個人さんの起業の場合は

結構その発想でアドバイスしますね~

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする