他人の心配はどうにもならんこともある

スポンサーリンク

さてとあることでとある心配をしました

ま、とある心配って両親なんだけど

ただ他人の心配って結局どうしようもできない

例えば両親が年老いて 事故や病気寿命の心配を

子供や孫がする

そりゃあしますよね それこそ自分のことのように予防ということはできても

それ以上のことってやっぱ無理

心配で心配で仕方なくても結局変わってあげることはできない

で思ったのは

本人の運命やらを信じるしかないよねと

子供や孫が思ってる以上に運命強いかもしれないって

例えば介護の職員の方が歩行不安定なお年寄りがふらふら歩くの

見て心配

転んじゃうんじゃないかって 怪我も嫌だけど報告書上げるのもいや!!って

でも変われはできないって ま、その代わり施設なんかは立ち上がりや歩行を抑制はしちゃうけどね ははは

ま、ある意味しゃーないとも思います

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私親が施設に入ってその状態で職員さんに立ち上がらないでください!!

と抑制されるの見ても施設責めれないもん 分かるよ、その気持ち 見れないよねと思っちゃう

話それましたが結局最後は運命の強さ信じるしかないなと

もしくは自分の力ではどうにもならないことって

神仏にゆだねるしかないかなって

昨今宗教アレルギーでわからんでもないですが

困った時の(だけの)神頼みって皆さんするじゃん

そういう時だけ手を合わせてお願いするって

ちょっと調子よいよね~と思ったりもなんです

本来は普段から信仰してない神仏にその時だけお願いするのって

ちょっと調子いいな~と思っちゃう

いやいや 祈祷料きちんと払ったんだから受ける権利あるでしょ!!という方もいるでしょうが

ま、そこは考え方の違いでして 私はそう思うな~と思ったり

本当に困ったときに神頼みしちゃうなら普段からお参りして

手を合わせときましょうよ~と思うのです はい

人間だって困った時だけお金で助けて~って来られたら

人間性疑うじゃん ま、お金もらえたからうれし~という人もいるかもですが

ただそういううれし~って人には 祈祷お願いしたくないよね

そんな神主は嫌だな~って

昨今のパワスポブームやら云々って な~んか神様を都合よく利用しちゃってますって感じたり感じなかったり

入り口がそれっていうのはありだと思うのです

そっから気に入った神社あったら信仰に行くといいな~と思ったり

ま、今のご時世信仰してます~というと カルトか!!

そう思われがちですが

さてなんだか今年の夏は夏らしさ感じれずに秋になっちゃいそうですな

海の家なんか売り上げ厳しいんじゃないかなあと思ったりです

湘南の夜の喧騒も例年よりかなり静かです

地元住民にとってはありがたいです

御商売されてる方にしてみたらきっついな~と

そんな感じでしょう はい

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ミニオン より:

    ジミさんんのおっしゃる通りですネ
    日々 神仏に手を合わせる気持ち大切ですね。

    何年 何十年と続けて 足を運んでお詣りをしている神社仏閣は 困ったときなんらかの形で手を貸してくれること ありますね。
    有り得ないという形だったり。

  2. 匿名 より:

    耳が痛いてす。
    困ったときの神頼みに最近なりがちですね。
    神様的にはどうなんでしょう。
    不貞はやはり許されないことなんでしょうか?
    何が正しくて何が正しくないのか…。

  3. jimi より:

    神社も仏様も 何度も足刺激かよって縁を結ぶというのも
    大事かもですね~
    ま、よくわかんないけど

  4. チャム41 より:

    逃れようと思っても逃れられんことってありますよね 笑 逃れられんなら思い切って入ってゆだねるしかないなと思う今日この頃です 笑
    実家住みですが、家こそパワスポじゃんと思ったりで。先祖代々住んでるますし、いろんな時代乗り越えて同じ場所に住んでるんでパワスポ以上かもと思い込んでます 笑

  5. jimi より:

    私も自宅パワスポ(というより綺麗な気の場)化です
    たまに行くエネルギーの強いとこより
    毎日生活の自宅大事です

    あと実家帰って思うのが 産まれ育った土地ってやっぱ合うというか
    なんかよいのでしょうね 相性とか