読者登録お願いします
スポンサーリンク

エレキテルの平賀源内は幽霊屋敷に喰われた

さて江戸時代に平賀源内という方がおりました

この方エレキテル~で有名な方で

スポンサーリンク

とても賢い一方で山師的な性格もあり(実際山師もしてた)とても興味ある方です

田沼意次さんとも交流があり田沼さん直々に鉱脈を探せと命じられたㇼ

日本の金の流出を憂い石綿を作るからこれを海外に輸出して金流失を防ぎましょと進言したり

はたまた土用の丑の日というキャッチコピー考えたり

エロ小説を大ヒットさせそれを基にした浄瑠璃が大ヒットしたりと

江戸一番の有名人 今でいうと秋本さん的な仕掛け人とも

でですね

この方見てると万年お金がないのです

死ぬまで

いやいや、とても入ってくるのですが ザックザクと使ってしまうので

なくなっちゃう

お金は循環といってもですね どこかできちんとせき止めなきゃそりゃそうなるよ!!

さてこの方最後はちょっとした勘違いで人を殺めて投獄されそこで破傷風になって死んでますが

私のリーディングですと家に喰われた感じが凄くする

ついでに精神病んでたのでしょう

幽霊屋敷と言われる家に引っ越したのですが

そこで勘違いから人を殺しちゃったのです

な~んとなくですが 引っ越す前から精神壊れ気味でですね

そんな精神状態だからいわくつきの家に引っ張られたと感じます

家に引っ越したから病んだのではなく病んでる状態だったから引っ張られたと

占なんかでいうとこの五黄の方角に行って運が悪くなるというよりは

元々暗剣殺しょってる人間が五黄に行くという

そ~んな感じ

なのでかりに引っ越さなければ助かったか?という問いは

引っ越さないという選択肢がなかったんじゃないかという感じがします

知人たちもあそこは幽霊出るからやめとけとアドバイスやらしてますが

結局聞き入れないのですから

ま、コンサルなんかでいうとこの絶対その商売始めるなよ、

失敗こくからと言ってですね

その場ではそうですよね~分かりました

というのですが結局手を出して案の定失敗しちゃう

そういうのと同じ

こういう場合もですね いくらNOと言っても結局手を出すのです

そういうかたたくさん見ましたから

失敗して初めてや大有りあの時アドバイス聞いてればよかったよとなるのですが

結局そこにワープしてもまた同じことを繰り返すようになってるんです

スポンサーリンク