読者登録お願いします
スポンサーリンク

毒婦山辺節子には化蛇という魔物がとりついていた

さて山辺節子という女性覚えてますか?

60過ぎですが

スポンサーリンク

30代とサバ読んでいろんな男性やらから詐欺働いて逮捕された女性

若いフィリピンかタイの男性と婚約までしてたというね

ま、魔性というかそんなお方

yjimage

はいこの方です この方の手記で凄く興味深いことが書いてありまして

〈母親はきっと気付いていたはずだ。小さい体によからぬ物が宿っていることを。この生き物は男には見えない。反対に女にはしっかり見えているのだ〉

〈なぜあの生き物は住みついたのだろうか。幼い私のどこにすさまじいまでの虚栄が、脈打っていたのだろうか〉

この生き物というのはこんな場面で顔を出すそうで
〈行きつけの店で板長相手に寿司をつまむ。どんな貧困にあっても、ありえない行動をする。高い食事代を支払い、チップまで渡す。生き物と私はこの生活をこの快感を忘れられない〉

この記事では生き物=虚栄心としていますが

私の感覚では虚栄心ではなく 本当にそういう生き物がこの人物に

入り込んだ もしくは巣くったとしか思えないのです

な~んかですね 化蛇という黒くて龍のような蛇 頭が丸い

そんなのなんかじゃないかな~と感じたりなのです はい

な~んか浮かぶんですね それが

yjimagess

ちなみに学生さんの頃 あらめっちゃ可愛いですね~

こんなことも語ってるのです

〈生き物と2人で新しいシナリオを考えながら眠りについた。眠りの中でも生き物は、蛇のようにぬるぬると蠢き脳を支配する力を決してゆるめない。

新しく創作するシナリオに沿って次々と男性達を思い通りに動かしていった〉

拘置所に移った時は

〈何かすうっと身体から抜けた。わずかな笑い声が聞こえたような気がした。拘置所の房からは空が見える。その空の方へ向かって消えて行った。私はそれが何かわかった。生き物だ〉

〈それは得体の知れない生き物ではなく、虚栄であり、見栄であり、優越の固まり、それらのたぐいを全部集めて生き物を創っていたのだ。まぎれもなく私であり私の正体そのものなのだ。私は現実を受け入れる事がやっと出来た〉

と感じたそうですが

わたしはやはり かだという妖怪じゃないかな~と思うのです

若き日の美しい少女を見つけて こいつを上手に操ればお金も

虚栄心も満たされる

仕えなくなった時点でポイ捨てすればいい

そんな声が聞こえるのです

そして高笑いが

多分この手のものってたくさんこの世にもやってきていて

結構人の心に巣くって操ってるんじゃないかとめっちゃ思っているのです

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    こういう魔物やら妖怪に巣くられた場合、どうすればいいのでしょうか?
    というか、心の隙みたいなものがなければならない、そもそも巣くられずに済むのでしょうか?
    人間誰しもドロドロした感情ってあると思うので、そこを利用しようと寄ってこられたら怖いですね。

  2. 猫のチャイ より:

    化蛇の項を読むと「化蛇が現れると洪水が起きる」とありましたが、日本企業の現地工場も大打撃を被ったタイの洪水、彼女がタイにいた時期と重なるんじゃないかなぁと、ふと思いました。
    バングラデシュとかは毎年雨季に洪水が起きたりしていますが、タイではあんなに被害が出る洪水は珍しいなぁと当時、思ったんですよね。
    しょっちゅう被害が出るような地域なら、日本企業が工場を建てるわけないですし。

  3. れすぽうる より:

    虚栄心=化蛇と言う認識で戒めたいと思います!とは言え、下らないとこで見栄を張る癖は若い頃しょっちゅうでしたー(苦笑)。
    ところで、そう言う女(男)にホイホイついて行く輩も憑かれてるんですかね?

    自分の経験から言うと、カネに拘る女(誕生日やらの記念日に金額設定する等)はさっさと別れましたね(笑)。金額の大小に拘わらず『気持ち』を受け取ってくれる女は心底惚れました。
    あ、『結婚と音楽』の選択でフラれましたけど(笑)。

  4. えみ より:

    何かに巣くられていることをわかっていても長い間共にいるとそれは自身だと思うようになり馴染むのですかね
    好む器や巣喰いやすい器があるのでしょうか…

  5. くう より:

    化蛇とは確か八百比丘尼から百年に一度生まれる蛇ではなかったでしょうか。獏さんの陰陽師で読んだような。レベルの差はあれ、第六天魔王と信長の関係に似ていますね。いや、信長は対等でしたね。最期の裏切りは予測していたかどうか。気になるところです。

  6. jimi より:

    多分ですが 魔物って巣くう条件というか 巣くいたくなるタイプがあると思うのです
    やはり虚栄心であったり金ごん的な泣かせてもお金を稼ぐ 汚く稼いでも稼ぐことが大事
    多分強欲と虚栄心になんじゃないっすかね
    タイの大洪水と山辺さん被ってましたか~

    そう考えるとでかいけだだったのかも
    逆にアニータなんかは魔物にコントロールされてたタイプじゃないんでしょうな

  7. 匿名 より:

    この方 生まれたときから 魔物に取り憑かれていたのでしょうか?
    仮にそうだとしたら お腹の中で胎児が成長していく過程の中で ある時期に
    一つの肉体の中に 2つの人格が入り込むのでしょうか?
    本人の魂が肉体に宿る と同時に もう一つの魂も入り込む

    そして 10ヵ月経ち 母親の体内から生まれ出る
    可愛い赤ん坊の姿で・・・

    しかし 気ずく人は 気ずく
    「なんかこの子 変・・・」みたいな

    生れつき くっついてきたものはどんなに力のある霊能者さんだって取り去る事は
    出来ない。
    一生背負って生きていく宿命のようなもので 知ってか 知らずか本人もそれ相当の苦しみも味わう人生であったり。

    こんな事ってあるのでしょうか? 
    おかしな質問ですみません。

  8. あー坊 より:

    魅入られやすいというか受け入れやすいタイプはあると思います。需要と供給というのでしょうかねえ。
    実姉がですね。子供の頃から驚くほどずる賢く、意地悪も大人の目に入らないようイヤらしくこなすタイプで。執念深さもすごくて。何かが憑いてるような気がしてならなかったんですよね…そんな実姉は巳年で、イヤ〜な蛇のイメージがガッツリ付き纏ってしまって。そこから概念的に蛇嫌いになってしまい、金運・財運の弁天様は蛇神さまというのを知ったとき、お参りし辛くなって困りました。

  9. 私も今日は匿名で… より:

    こんな面白い手記があったんですね。
    先週の週刊新潮を探して読んでみました。

    子どもの頃は、男性の先生に怒られても、相手の目をじっと見つめて涙を一筋流せば無罪放免。
    長じてからは、はにかんだ笑顔をちょっと向けただけで、ゴルフ場の男性客がマンツーマンコーチに早変わりだったそうで。
    男性たちの関心を自分に惹きつけるためにはどう振る舞えばいいのか、それが自ずと分かってしまうなんて……ちょっとうらやましい(笑)
    最終的には犯罪者になってしまいましたけど、化蛇からポイ捨てされるまでの間、何十年も面白おかしい人生が送れて、山辺氏も意外と楽しかったかもしれないな、なんて思います。 

  10. jimi より:

    この方どっちなんでしょう?な~んとなくですが 魔が巣くうとかって基本的には
    後天的なことが多いと思います まれに大量殺人や猟奇的殺人なんか起こす人物は
    先天的かも?と感じる場合もありますが

    ダミアンのように ちなみに障害者施設の大量殺人を起こした人物や宅間死刑囚は先天的かも?と思ったり
    私思うに 魔というものって霊能者でなんか絶対落とせないと思うのです
    なぜなら霊能者よりも魔という存在のほうが圧倒的に強大だから

    自分より強大なものを落とすなんて無理だと思うのです
    ちなみに逆も然り 神様や龍神様を誰かにつけるのも普通に考えて無理っしょ

    だって霊能者が神様より龍神様より強大じゃないもん と普通に思うのは私だけ??

  11. jimi より:

    魅入られやすいタイプ私もいると思います 知り合いで完全に魅入られてるわ
    距離とっとこという方いますから はい
    多分ですね 魅入られたり巣くられてるときって凄く楽しいと思うのです
    物事は思い通りに進んでお金も男も思い通りに~と

    其れこそ人生の絶頂!!そんな気分味合わせてくれますもん
    やはり人間分相応 これが大事かと思います

    私いつも心がけてることありまして 自分の器量だと年収いくらまでが限度で
    それ以上になるとだめだなと
    器量以上のことって最終的には破滅に進むと思うのです

    残念ながらその限度の収入額が 大したことがないというのが悲しいとこでして ははは

    なので儲けすぎない、勝ちすぎないというのをいつも心がけてるのです
    だから表に出ないのです でたら勝っちゃいますからね~ なんてね ははは

  12. moco より:

    この方の学生時代、可愛いですね。余計に現在が、哀しく見えます。歳を重ねると、単純に年下のイケメン!と冗談混じりで言いますが、お金とその欲は誰かにでもあるのに。
    この方は自分でも何かが自分の中にある。居る事が分かっていたんだと言うのが怖いくて哀しいです。人を騙すまでは幸せだったのかしなぁ〜。
    それとも、捕まるまでは幸せだったのかしらね。
    もしかして、捕まった今が、全て失ったけれど、本当の自分に戻れて幸せなんですかね。

  13. jimi より:

    学生時代可愛いっすよね~ そらア男がほっとかないでしょう
    捕まるという現実が近づいてきたと感じてからはやはり安心できなかったんでしょうね

    捕まって安心したというのはもしかしてあるかも
    写真なんかだと年相応の老け方と見えますが 生で見たら魅力ある感じだったんすかね
    あの年でいろんな男をだませるというのは

  14. あー坊 より:

    ふと、毒婦と呼ばれた木嶋佳苗(字違うかな?)も、化蛇が付いていたのかしらと。あちらは騙すだけじゃなくて、お相手を殺害してるとのことですが…人並みのささやかな生活や幸せって、物足りないくらいでちょうどいい、と思うような小物には憑かないんでしょうね。