読者登録お願いします
スポンサーリンク

体罰と言う名の抑止力

さて体罰ですが 私の考えですと体罰で教育と言う感じでは

ないんですね

抑止力なんです

あまりにも、口で言ってもどうしようもない馬鹿どもはと言う感じで

最終手段として体罰あるからそこわきまえとけよなんです

なのでなんでも殴るとかちびっ子殴るという感じではないんですね

当たり前ですがまずは言って聞かせ お前さああんま舐めてるとな~

そんな感じで抑止力なんですね

スポンサーリンク

でですね 学校なんかは本当で言えば体罰の前に校則という拘束力で

こっから先は退学です

それでいいと思うのです

逆に言っちゃうと先生が手を出すほどの状況にさせてるシステムも

あかんじゃないかと

学校って教育システムですが それ以前のしつけと言うものって

家庭の仕事だもん

そこの領域からであれば 申し訳ないですが学校の仕事ではございません

まずは家で最低限の社会性を身につけさせてそののちまた受験してください

それが本来の姿なんだと思うのです

だって学校って(高校なんかは)本来学力を身に着けさせるとこじゃん

そこでしつけからってねえ

ちなみに子供の頃の体罰はトラウマに~とありましたが

逆に言うとトラウマになるほどの体罰を与える先生があかんよね

年齢やら考慮しないと

ただ私思うに体罰じゃなくてもトラウマになる場合あると思うのです

凄いひどいことを言ったり委縮するほどの勢いでビビったりと

そのあたりは体罰だけでなくしかり方なんかも先生の想像力は

凄く必要かな~と

さて義務教育以降なんかはそんな感じでいいんじゃないかと思いますが

義務教育のちびっ子たち 結構難しいと思うのです

だっていうこと聞かないし校則で校則やら無理じゃん

例えば昔の学校の先生のように体を抱えてお尻を叩くとかも

無しなんすかね?

私はありでいいと思うのです

さすがに常識で考えて小学生の横っ面を平手打ちはなしだと思いますが

そのあたりの程度問題なんかも議論していいんじゃないかと思ったりなんですね

逆にちびっ子こそいうだけでは正直わかんないと思うのです

大人ほど怒られて反省してその反省に想像力が足りないじゃないですか

情と言う

どっちかと言うと怒られる、怖いからやめとく的な感覚と言いますか

あの先生怖いからおとなしくししとこうってありだと思うのです

ゆとり以前って結構そうだったじゃないですか

私なんかにしたら体罰はいかんけどひどい言葉でののしるのはいいの?

とか思ったりなのです

大人になっても親や先生の一言がいまだに心に引っかかってと言う方って結構いるじゃないですか

もしかして殴られたという以上に

ま、体罰も結局程度問題ですなと

ちなみに私なんか正直に思うに学校の先生が体罰するときって

冷静な状況でなんてよほどの人じゃない限り無理なんじゃないかと思うのです

これ親なんかも 感情に身を任せが大半だと思うのです

私にしたらそりゃあ仕方ないだろうと思うのです だって人間だもの

多分私が今先生やってってあまりにも舐めた生徒なんかいたら

これは教育だ バシンではなくこのクソガキ!!とおもって

殴りたくなると思うのです だって先生だって人間だもの

先生をそこまで追い詰めないようにするシステムも大事だと思うのです

はい

ま、そこはやはりこっから先はうちでは受け入れませんでいいんじゃないかな~ 仕方ないじゃんと

例えば学校って何を身に着けさせるとこ?という根本から見直す必要はあるかな~

高校であればもしかしたら大学進学の学力かもですし

そういう学校であればしつけをそこでって無理じゃん

マッチングしてないもん

小学校であればもしかしたら社会性を身に着けさせるのがメイン

であれば

そこで学級崩壊が多く出てれば 今の教育システムじゃ無理なんじゃないかと思うのです はい

ま、私なんかは怖い先生がいるからおとなしくしなくちゃ方式でいいと思うのです

社会に出たら学校時代以上にしんどいこともあるじゃないですか

学生時代に耐性つけとくのもありかなと思ったりです

怒られなれとくとかそういうのって

そしたら いちいち落ち込んじゃいられない はいはい

と心の中では舌をだしながらも 反省したふりをして

組織の中でなんとなくちゃっかり生きてくすべを覚える

それって大事じゃないかな~

大人の顔色をみすぎるというのも あれですが

大人の顔色を窺うというのも大事な能力じゃないかと思います

会社に行ったら上司やパイセンの顔色伺うのも仕事のうちですから

そこも程度問題っすね~ 虐待とかトラウマくらいまで追い込むのは当然よろしくないっすから はい

ちなみに抑止力と言うのはですね 核と同じで本来使っていいもんではないんです

なるたけなるたけ使わないようにして でもあんま舐めてると

お前さ~という感じっすよね

核なんかも必要不必要って私一概には言えないと思ってるのです

親父が共産党ですが ははは

たしかに核というものがあるから これ使ったら世界は終わるよなと言う感じの抑止力になってるともいえるし

もしなかったらどうっすかね?世界大戦規模の戦争って起きてたんでしょうか?そこまではいかなくても

そういう可能性は否定はできないかもとも思ったりなんですね

ま、そこはわからんですが

スポンサーリンク

コメント

  1. 千枝 より:

    学級崩壊をおこすこどもの大多数は、家庭でのしつけが出来ていなかったように思います。全員ではありませんが。親が家庭で先生を馬鹿にした言動をしていると、子供はその先生をなめてかかります。教室で注意を受けても、親が学校に文句を言うのを分かっているので、先生の言うことは聞きません。うちの子供の学校にいた問題児はそういう家庭の子供たちでした。都市部だと1クラスの人数も多いと感じます。

  2. えみ より:

    抑止力としての核で保たれているのですかね…世界は。チラつかせて脅威をあたえ恐怖で支配の方が有利なんですかね

  3. 佐藤 より:

    体罰が正常に機能して絶対に暴走しない環境があればありなのかもと思います。
    激しい体罰のヨットクラブの死亡事故を思い出すからです。体罰の名目の暴力で亡くなりました。そのクラブの子の多くが親から手に負えないと入れられた子でした。

    体罰は暴力になりやすく、暴力は弱い者を好みやすい。

    先生は大多数が子供の事を思う尊敬できる方です。しかし中には学校を卒業してまた学校に就職して先生と呼ばれるうちに感覚がおかしいくなっているのでは?と思ってしまう人もいるなと思うことがありました。

    体罰も世間一般的に認めると弱いものイジメの道具にならないかが心配です。
    先生の中には弱かったり弾き者になっている生徒を目の敵にしたりイジメたりする人もいます。精神的に傷つけてプラスで暴力もありな結果になりそうで。

    「体罰です。しつけです。」の大義名分で凄惨な虐待が多いです。体罰を正しく出来ない人、大義名分を悪用する人は必ず出てきます。それで傷つく子供が一人でもいるなら世間の間での一般認識的に体罰はナシでも良いような。

    敏腕、先生の本をでちびっ子には体罰でなくて好きなものを黙って取り上げるとか、良い事をしたら好きなものを与えるとかを繰り返し人間の学習機能を利用した方法で母親を殴らなくなった事を読みました。

    体罰を正常な範囲内で行える人ばかりなら体罰あっても良いと思うのですが、そんな人ばかりではないので体罰に抑止力が必要かと。

    すみません。熱くなっちゃいました。

  4. 佐藤 より:

    戸塚ヨットスクール事件です。
    よかったら調べてください。
    体罰を名目に4人の子供がなくなってます。
    問題児、手に負えないと預けられた子もいます。

  5. jimi より:

    体罰私は賛成はです が当たり前ですが常識的なという範囲内です
    ケガさせたりましてや死に至る可能性のある程度は体罰ではなく
    暴行ですからね

    たしかに体罰を行う側も行ってるうちに激高してある一線超える場合も無きにしも非ずなのでそのあたりはむづかしいですよね

    体罰の抑止力は必要ですし どの程度まで許されるかと言うとこも議論は必要ですよね

  6. jimi より:

    現実ってスピの世界のように愛や夢にあふれてるわけではないので
    結局は夢物語よりも現実どうする?なんだと思います

    核を廃止したとしても結局ほかに変わるもので抑止すると思うのです
    経済制裁とか 例えば経済制裁で国がどうにもならなくなったら やはり人間って
    戦争しちゃうと思うんです 歴史的に見ても

    私の本音は核だろうが何だろうが 戦争を抑止できるものって絶対必要かと
    別に他に変わるものがあればそれに越したことはないですが 今のとこは見つかんないんじゃないかなと

  7. jimi より:

    さて体罰や核保有のマイナス面ばかり語られますが 逆に体罰を廃止して
    実はいじめや云々で自殺した人や鬱になった人も増えてるかどうかの議論がないのも

    どうかな~なんすよね 私思うに体罰受ける側って被害者ぶるけど加害者でもあるじゃん

    本来は 学級崩壊させたりいじめしたり だれかしら傷つけてる場合多いじゃないっすか
    (なかにはそうではない場合もですが)本来は加害者の人権ではなく被害者をなくすには

    の議論って大事だと思うのです いじめでつらい思いしてる子供をなくすには~って
    その抑止力になってるとしたら意味は多少でもあるでしょうし
    全くなっていなかったら体罰全面廃止でもいいかとなんですね 本来は

    ただそれに代わる抑止力が実は私的にはないです はい

  8. 佐藤 より:

    体罰が悪影響だけだとは思えないですよね。
    体罰が暴走しないシステムがあれば有効な手段なのかもしれません。

    ジミヘンさんが仰るように本来は家庭の正しい躾と安定している親子関係があれば学級崩壊するような問題行動をしませんものね。
    根が深過ぎて先生の権威が落ちている現代では学校のできることではないですよね。

    まだちびっ子の発達障害がある子だけに当たる本かもしれないですが、「拝啓、アスパラガー先生」とかは体罰以外で脳の学習機能をつかって脳に覚えさせる方法とか書いてあります。
    でも大人でも当てはまる事がありそうだなと思います。
    パートナーに癖のように不機嫌になるとかは不機嫌になった時に気を遣ってもらった経験の学習がそうさせていると聞きました。
    小学生の頃の学級崩壊は家庭が寂しそうな子が主犯格でした。暴れた時に人の注目を浴びたりするのが嬉しかったのかもしれませんね。子供ながらにきっと寂しいのだろうなと思っていました。

    結局取り留めのない文を書いてすみません。
    頭の良い人がなんとかしてくれないかな〜。

  9. えみ より:

    現状 戦争回避の抑止力が働いている面ありますよね 必要悪としての核によって。
    大きな争いが起こらず平和であり続けてこれたことは大きいですね 継続していきたいですね のちにあの時代は戦争がなくて良かった、なんてことになってほしくないです…(*_*;

  10. jimi より:

    hirosi戸塚ですな 私、内海と言う愛知の海沿いにも住んでたことあるので
    河和のそこは良く通りましたよ~

    多分事件当時って凄く全国的に騒がれたと想像しますが事件後もその同じ場所で
    スクールって運営してたんすよね~ 普通は移転やらしそうなのにと思った記憶が