読者登録お願いします
スポンサーリンク

いつもこの頃になると何かやり残したような柔らかな後悔をする~

早いものでもう師走 子供のころはこの学校にあと2年も通うのか~と思うと気が遠くなったものですが

大人になるとあっという間 昨年のお正月がつい数日前のよう(は言い過ぎOR認知)

私の好きなSIONも12月という歌で

12月~街はクリスマス気分~ あちこちでは思い出したようにジョンの声

スポンサーリンク

いつもこの頃になると何かやり残したような柔らかな後悔をする~

と唄ってますが

多分今頃の季節、皆さんも柔らかな後悔をされてるでしょう

(マーシーやエリカは強烈な後悔)

柔らかな後悔という表現が素敵です

さてわたくしはこの季節に後悔なんか全くしない

子供のころからしたことがない

あれやっとけばよかった、これやっとけばよかったと

なぜか?

目標というものを立てない人間なのです 良くも悪くも

人間目標建てるから達成できないと後悔する

後悔どころか自己嫌悪さえしちゃう

学校や家庭、社会なんかでは人間は目標をしっかり立てて

そこに向かって走り抜けるのが正しい生き方と教わります

ま、確かに正しいのでしょうが ただその生き方の果てに結構鬱になったり猛烈に挫折感味わう人結構いるじゃないっすか

特にエリート層と呼ばれる方やその予備軍なんかに

そこから何を学ぶかが大事と言われればそうなのでしょうが、

私なんかはその生き方は向いてないな~なのです

子供の頃って自分が向いていないことから逃げれないじゃないっすか

良くも悪くも

ただ逃げれないというのは悪い事ばかりではなく子供時代に経験すべきことを強制的にでも経験させられる

これも悪くはない場合も結構ある、必要な場合も結構ある

じゃなかったら私のようなぐうたらは未だに掛け算さえできなかったと思いますから

ま、大人になって、ある程度選択できるようになったら自分で生き方を選択というのもありなのでしょう

ただ選択というのは結局自己責任というものが付いて回る

私のような頑張るなかれ~生き方してると、やはり普通の人が手に入れているものは手に入れられなかったりもする

安定であったり家庭であったり

もしくは冨や名声といったものだってまあ無理でしょ

だって上を目指すということをあきらめてるのですから

富や名声を求めたい場合はやはり何かを犠牲であったり苦しみだってあったりもするので

結局人間どのあたりで折り合いつけて生きてくのが自分の身の丈に合ってるか

そこを探すという行為は案外大事だと思うのです

ただどれが正解なんてものはないと思うのですが

地位も名誉も勝ち取った男が死ぬ間際に猛烈に後悔する場合もあるでしょうし

逆に私のような男が老後に後悔するかもしれない

そこは多分誰にもわからないとは思いますが

ただ本音を言うと結局生き方って自分では決められないのが実情で

結局はお給料をいただいてるわけですから

そこの会社の方針にある程度沿った生き方というのを強要されちゃうのは現実であります

世の中つらいね!!

とりとめのない話しですが みなさん柔らかな後悔はほどほどに

SIONの12月

ついでにもう一曲

やばい!!泣けてきた

ちなみに福山雅治さんが一番好きな歌手で結構カバーもされてます

実はSIONってマークリボーやロバートクワインのようなNYのフリージャズ系やポストパンク系のとがったアーチストとの相性めっちゃいいっすね

2NDアルバムの時点でラウンジリザーズ(NYのフリージャズ系のバンド)がバックだったのね!!

当時のソニーのプロデューサーも分かってますな!!

スポンサーリンク