読者登録お願いします
スポンサーリンク

何となく気になる神社

まさかのコロナショックで投資で結構な焦げ付きました

(といってもしょせん庶民なのでそこまででもないです、話盛りました)

うっはーという感じですがまあしゃーない

今回は全く読めなかったですな この手のものって結構いやな

ました予感がしりで上手に逃げれるものですが

スポンサーリンク

こうなりましたら欲を出さずに半年くらいかけて取り戻しますか

ギャンブルと同じで一気に負けを取り戻そうとするとろくなことにならないですからね

気分を取り直してうさぎの頭を撫でてます

さて最近とても気になる神社があるのです

何故だか気になる、何故だかと書きながら理由は簡単な話で

お墓参りに行くときにいつも通ってた神社で、陰陽道にとてもゆかりの深い神社だからなのです

これはお墓参りに行くときに行かねばです

子供のころからちょくちょく行ってましたが、なんとなく今はあえて行く必要があるなと勝手に思ってます

それにとある方も祀ってると知ってびっくりだったので

ちょっと祈祷も受けてこようかなと思ってます

行かねばですね!!なんとなく今後は大事にしていかなければいけない

神社かなと私の中で思ってたりなのです

血が騒ぎます!!ワクワクと

さて私は相も変わらず怪を求めて深夜に鎌倉の山の中を

探検に行ったり、古戦場跡やいわくのある場所を散歩するのですが

先日は鎌倉某所に行ってきました

その時は怪を求めてではなく自転車に乗ってサイクリング~です

疲れたので自転車を止めて休憩してると、後ろの小高い丘から

それー!!!だか!、かかれー!!、だかの鬨の声が上がる

太鼓がドンドン鳴って、ほら貝なんかもプオーンとなって

その後は馬の蹄やガッシャガッシャと鎧が鳴る音

思わずおおお!!!と振り返ると気配は消えていた

何だったんだ??と思い家で調べたら、鎌倉時代、そのあたりで合戦があったのね

多分その丘がもっとうっそうと茂っていて伏兵なんかがしのんでいたのでしょう

鎌倉あるあるなのですが

夜中に寝ようとするも中々寝付けない

なんだか妙な胸騒ぎがする そんな感じで寝付けずにいるも

そのうちうとうとし始めると、昼間の鬨の声が上がる

うわわわわ!!とビックリして飛び起きはしないですが

ああ、昼間のがついてきたのねくらいで

すぐに鎮まり、また寝落ち、するとまた声が上がる

そんなことが何度か繰り返され、朝に至る

起きるのは昼前なのでまだ寝ます~ ははは

さて起きると布団の周りにおびただしい流血が!!

ということは全くなく普通のすがすがしい朝でした

ま、そういうことも世の中あるものです ちなみに夢見で嫌なのは

今回のよりも、江ノ島の山二ツと呼ばれる場所から見える断崖絶壁

何度かブログで書きましたが

あそこから海に落とされ処刑されたりという映像何度も見てますが

半分覚醒状態の時に布団の中であの映像を繰り返し見せられると

さすがにげんなりします

大抵その時って落とされる人間と目が合って、ニヤリとされるのです

さすがにそれは何とも言えない気分になります

ちなみに京都に行くといつも三条河原の所刑場跡やさらし首の空気を求めスピ散歩をするのですが

さすがに関白秀次時代のものはわからんですが

幕末、この辺りでさらされたかな??という感じの場所がありまして

そこに行ってしばし瞑想するのですが

あるとき視えた映像がなかなかビックリで

さらされた首の目が相手睨まれちゃったよ!!

ということがありその夜は当然熱発で夢にもうなされなのです

後編に続く(といいながら結構飽きてしまって続かないこと多し)

スポンサーリンク

コメント

  1. し~ より:

    ガシャ ガシャみたいな音は

    鎧の音ですよね。

    城址に行った夜
    鎧の音で夜中目が覚めた
    ちょっと怖かったです。

  2. jimi より:

    鎧か、良くとらえれば霊を鎮めるために密教の坊さんなんかが錫杖振る音かかもですが
    ほぼほぼ鎧かも