読者登録お願いします
スポンサーリンク

父祖伝来の土地と土地の因縁

さて私の叔母という方の実家がとあるお武家さんの家で、

そこが滅ぼされた戦いがあった場所は今でも行ってはいけないとされてるらしい

本人も、娘さんもその近くに行くとものすごく体調が悪くなるらしく、終生行かないと言っています

逆に知り合いのとあるお武家さんのとこなんかは、そこの家の本拠であった場所は絶対に行くといいよな~と思ったりします

先祖にとって良き思いの場所、思いれの深い土地というのはやはりその家の者にとってとてつもないパワスポになると思います

日本人のdnaには、土地への強い思いというものが未だも脈々と受け継がれているのだと思います

スポンサーリンク

有名パワスポもいいですが父祖伝来の土地もいいよ~

そこにお墓があったらなお良いかもと思います

そういう方は是非お墓参り行きましょう!!

私がこの道に入るきっかけ(どのみちだ??)となった方がいまして勝手に師匠と呼んでる方なのですが

その方が、君さあ、そろそろこっちやりなよ~という発言をされ,まあそうかな~、でも面倒だよなーと思ってたら

何故だか仕事の依頼云々が増えてこっちのお仕事になっていったという方ですが

その方のご実家というのが、まああれなおうちでして

まじDE??というようないわゆいわゆるのお家(ヤクザやそっちじゃないYO)

その人なんかも、ご実家が作った会社の本拠に行くと猛烈にしんどい!!と言ってました ははは

ま、そこなんかは、いわゆる大陸の方々を過酷な労働条件で働かせていたり、日本人でもやはりその関係の仕事ってめっちゃきつかったと思うのです

なので当時の働いてる方達の怨嗟を感じて体調がとても悪くなるといいますからね

家系によっても因縁のある土地、ない土地云々もやはりあるのでしょう

そういうとこはやはり行かない,住まないのがいちばんです

ちなみにひおっこしマニアの私が今まで住んだとこで一番こりゃあすげえ因縁だな!!と思ったところは名古屋の私が一人暮らししてたところです

詳しくは内緒ですがここは中々のもので

どう考えてもいわくしかない地域ですが、当然空襲なんかでも燃えてまして

実は当時そのあたり放火と車上狙いが大boom!!

私は車乗らないので車上狙いは他人事でしたが放火は中々ね

それもだんだんうちの近所に近づいてきて、最後は道挟んだお向かいの2軒隣の家が火をつけられまして、

何だか今日は暑いよな~と思ってたら脳裏に空襲警報が鳴り響起き、空襲の映像が浮かんだ

と思ったら消防車やのサイレンやらがけたたましく鳴り、

見に行くと立ち入り禁止区域なんかのロープが張られてた

今思うと案外名古屋の大空襲の日に近かったのかもしれないですね

近所で3件ほど砲火があったんですな 当時は

飛び降り自殺の瞬間も見ちゃったり中々の場所でした

スポンサーリンク

コメント

  1. 猫のチャイ より:

    そういう怨嗟に囚われている存在は、どうすれば浄土に向かえるのでしょうね。
    生きてる人間のためというより、囚われている人達が楽になれるといいのになぁ、と思います。

  2. jimi より:

    長い年月をかけて生きてる人間が供養するしかないんじゃないですかね??
    亡くなった方、囚われてる存在が自発的に改心して浄土にというよりは

  3. よしお より:

    昔は、苗字=地名由来なので、その土地に行くって供養なんでしょうか?
    まあ、豊田市なんかは逆ですけど。笑
    私の父祖も地名由来みたいです。
    コロナ収まったら行ってみたいです。

    ジミヘンさんのお師匠さまの嫌な場所、九州か北海道の炭鉱、トンネルとかでしょうか?
    名古屋の放火、空襲だと、熱田区と瑞穂区の間とか?
    東区?大曽根あたり?
    ご実家近くには住まなそうですし。
    なんとなくパッと妄想しちゃいました。
    ごめんなさい。

  4. yocy より:

    土地ねぇ 頭痛い問題ですね。
    住むこともない家屋の維持ってねえ ほんと頭痛い
    ですよね。処分したらご先祖様 お怒りになるでしょうか?
    とか思って塩漬けだけどいつか 結論を出さないとね。ご先祖さん
    売ってええで~って 枕元でささやいてほしいわ。

  5. チャム41 より:

    氏族の祖が神社建てた所行ったとき私凄く心地良かったです、気のせいかもですが 笑