読者登録お願いします
スポンサーリンク

東北にかけられた言霊による呪術

私の感覚だとやはり東北って大和朝廷、天照の直轄地ではなくなんです

多賀城、皆さんかかれてますが歴史のポイントとなる地域ってやはり理由があるんです

ちなみに機内のポイントは歴史の大きな合戦の舞台にもなる瀬田という場所もそういう場所の一つだと思うのです

東海だとやはり関ヶ原というのはそういう場所なのでしょう

当然天下を二分した日本史上最大の合戦、関ケ原の戦いもですが

実はここを舞台とした古代の関ヶ原の戦いというべき壬申の乱

これめっちゃ重要じゃないっすか 天皇の系統が変わった変わらないというとこにもつながりますから

スポンサーリンク

そして東北、そちらでは多賀城あたりも重要ですよ 行かねば!!

温泉巡りばかりではなく多賀城に!!

さて本題に行く前に予備知識を

桓武以前(平安京以前)に朝廷は東西南北に四門という
呪術的門を設けたのです

聖なる場所を外的から守るために都中心で

東北、北陸、東海、九州に

ま、それ以前に四道に吉備津彦なんかが向かっていったって日本書紀にもありますが

でですね 桓武時代に最大の恐怖である東北に坂上さんを派遣したでしょ?田村麻呂さん (略してマロさん)

東北支配に呪術をかけたのです

言霊使って地名に

まず戸を使ったのです 一戸~九戸まで

戸は扉で外的から守ると言う呪術

戸が2つ集まると門になる 戸が左右に出来て
強力です 南門=一戸、二戸と言うように東西南北4つ東北に門を設置して

その門にかんぬきをかけて

超強力にすると関となるのです白河関とか
白河を関にした理由、これもメッチャ重要なのでおいおいと

さて東北に四門を設置したでしょ?と言うことは3重の術的防御にしたわけ

これも重要

地震、天照にもつながります

それもおいおい

四門と言うことはどこかに中心が
ないと東西南北?となるでしょ?

実はあるのです

呪術師マロ様には そこがなんと多賀城あたりで ははは

メッチャ興味わくでしょ?東北、呪術的におもしろいのです

東北を治めるのに超強力な
呪術的仕掛けを施さないといけなかったから

実は私のなかの勝手な東北大震災の発生理由も呪術的見地の理由と

関東や京都、東海は大丈夫だろうなというのも結構呪術的見地もあったりなのです

ははははは

さて私の家選びですが家と言うより場所ですが

勝手に呪術的な見地でも今の場所選んだりなのです

風水ではなく呪術 ははは インチキクサイは我ながらこのブログ

ちなみに個人的に私が注目してる場所がありまして

どこにってお隣の鎌倉なのですが

鎌倉のど外れに五大明王院というお寺がありまして

将軍の祈祷所として建てられたおてら

実はあえてここにって絶対呪術的意味合いだよな~と睨んでます

鎌倉時代はここから横浜の六浦に抜けるルートがありまして

将軍の屋敷の鬼門にこのお寺を作ったとありますが

実はそれ以上に六浦という鎌倉幕府の海路からの入り口と言いますか

ある意味鎌倉の喉元に建てたというのがすごく興味深いのです

ちなみに六浦までが鎌倉時代の鎌倉という都市の認識圏内です

それが証拠に六浦では鎌倉幕府主催の陰陽道のお祭がされてたりなのです

yjimage

意味もなくお亡くなりになりましたケンドーナガサキの写真を張ってみる

桜田さん、安らかにお眠りください!!

コメント

  1. チャム41 より:

    松島の五大堂は麻呂様が毘沙門堂作って五大明王祀ったんです。五大明王出てきたので。
    勢田といえば秀郷公。多賀城といえば対に感じる秋田城。