読者登録お願いします
スポンサーリンク

るろうに剣心のモデルは実戦で強かったか

歴史好きの私が久々にはまったというか
後の思考に影響を受けたほんがこちら

ガチ甲冑合戦で分かった、実践で最強の日本武術、という本

なんだそりゃ?と思われそうですが

これです 当時の甲冑や武器を再現して 実際に当時の合戦を
再現し検証しましょうというもの

これがメッチャ面白いのです まだ半分くらいしか読んでないのですが
今までの戦国観、合戦史 根本からひっくり返るんじゃないか?

というくらいの衝撃の検証結果 というか まだまだ今後いろんな検証データが集まるのでしょう

実は思いのほか弓の殺傷率が高かったとか 鉄砲が低いじゃんとか
弓、鉄砲、槍の殺傷率 ほぼ20パーセントほどではという検証結果で

刀はほぼゼロに等しいで 合戦の死亡率も意外と低く 荷物はこぶ非戦闘員の死亡率除くと1割程度では?

であったり 実は脇差、小刀がとどめを刺すのに有効であったり
合戦観大きく揺らぐのです 確かに今までの合戦観って

机上の空想でしたからね はい でですね 古流といわれる 武術も
実は戦国期ではなく 江戸期以降に体系化され 実際に甲冑をきて

スポンサーリンク

集団戦前提ではないのでは?と勝手に思ったりで 

めっちゃ興味深いのです でですね 思ったのが 実は戦国期日本って
世界最強だったのでは?

よく言われますが 何千、何万人規模の集団戦ってないですよね
しかも最下層の足軽にいたるまで 戦を常に経験してる

プロフェッショナル集団って ま、それ以上に何千人という人数を
派兵して それらの武器や食料を調達できるというのが

すごいと思いますが 日本人って優秀だなあって

私この動画見て一番驚いたのが 槍というのがあんなにしなるということなんです しかもあれだけしなるのに 叩きつけても折れないんですよね

すごくないですか?当時の武器職人の技術って
刀なんかも専門家いわく 江戸期の刀は折れやすく戦国期の刀のほうが

評価高いらしいのです 原材料の違いもあるらしく
実践というのはやはり技術が上がるのですな~と思って

江戸期の剣業といわれる方たちも 戦国期の戦闘員と戦ったら
負けちゃうのかもですね と思ったりで  時代がたてば技術は上がるというのは

嘘ですね それは競技技術が上がるというべきかも

漫画バキの宮本武蔵描き方メッチャよくないですか?今までの宮本武蔵の中で 実は一番好きです 漫画家の板垣さん やる側の人(格闘技を)
なんだなあ~って すごく出てますよね

吉川さんも井上さんも 書く側のひとだなあって

ちなみに幕末の剣術道場や流派あるじゃないっすか

私的には、江戸の三大道場と呼ばれるものって結局は合戦では通用しなかったのだろうな~

それこそ向き合って1対1の局面ならまだしもと思うのです

結局幕末の合戦で最も機能したのが薩摩の示現流あたりをメインにしたいわゆる抜刀隊と新選組の集団戦法だったと思うのです

前者は結局必殺技なんかは一つでよい!!と言う感じでひたすらひたすら最初の一撃を磨いた剣術で後者は武士の美学云々無視でいくら強い相手でも集団でかかっていけば勝てないよね~

そんな感じの現実主義じゃないっすか

あとは多分岡田以蔵さんや、るろうに剣心のモデル河上さんあたりが得意にした居合なのでしょうな

いかに初太刀を磨くかという 呪術云々も同じで結局どれだけ自分の得意なものを磨くかが大事なのでしょう

多くの技を手に入れることよりも

スポンサーリンク

コメント

  1. 七海 より:

    戦国が終わりの頃は、世界が大航海時代のポルトガルとオランダが凌ぎを削っている頃で、日本人の侍達が海外で傭兵として需要があり、実際にゲリラ線に強く、大活躍していたという記載が、確かオランダの書物にあるというのをテレビでみました
    納得だなと思います

  2. し~ より:

    鬼滅の刀
    鬼滅のやえば はどうでしょう?

  3. jimi より:

    そのマンガ読んだことないんすよ~ 先日はま寿司さんいったら ご注文あっりがとうございます~の声が悟空から変わってる!!残念!!と思ってたらその漫画の声優さんのようですが残念ながら全く存じ上げなかったです

    面白いらしいですね~

  4. jimi より:

    日本の侍は、海外から見ると気がくるってる!!くらいに思われますよね
    元寇の時も教科書なんかだと武士たちがさんざん苦戦したことになってますが

    実際は夜襲かけたり云々でモンゴル兵たちが完全にビビってたらしいっすよね~
    第二次世界大戦なんかでも日本兵って恐れられてましたもんね

    多分お国や背負うものや責任感なんかが与えられると死をも恐れずに~と言う国民性なのでしょう

    というか戦いで死を恐れる=最も恥ずこと、ビビるのは最も恥ずかしいことという見栄っ張りな国民性でもあるでしょう

    それに日本刀という世界で最も優秀な武器もありますし、戦国期日本ほど戦いに明け暮れた国はそうないっすもんね~
    当時のヨーロッパの戦の規模と比べても日本の戦闘員の動員数ってずば抜けてますし
    それが100年以上続いてますからそりゃあ強かろうっすね~