読者登録お願いします
スポンサーリンク

屋敷稲荷の不思議な話の続編

さてお稲荷さんの続きDEATH。庭にあった屋敷稲荷ですが昼間なのに扉もしまって榊もお供えもない

ああ、これだったのね~と思う私

お稲荷様お供えしないの?と聞くと息子に代替わりしたら息子が特にしなくていいというから~というじゃないですか

ドラ息子(ドアラか??)ではなくバカ息子(森さんのお亡くなりになった息子か??)ですな

まあしゃーないなとおもって特段つっこまなかったら隣で母が、

あんた何にも言わんでいいの?と女帝上沼さながらの強烈な乗り突っ込み。その強烈なチョップは往年の天龍源一郎の逆水平チョップを超えていた・・・

スポンサーリンク

胸が真っ赤に腫れあがっちゃったYO!!

余計なことをこのおばはん!!

お稲荷さんって祭らなくなるとたたるっていうでしょ?といらんことを言い出すじゃないっすか。
それ聞いて母の友人私も聞いたことがあるけどそうなの?

事故や病気もお稲荷さんの仕業?って

いやいや、なんでもお稲荷様のせいにするなよと
事故も病気もたまたま重なっただけ

このお稲荷様、祭らなくなったからって怒って災い起こしたりしないでしょ?

長年この家を守ってくれてこの家に愛着もあるし逆にかなりよくしてくれてたから感謝もあるし~

霊能者なんかだったら自分をここに呼ぶために事故や病気を起こした
というでしょうが、まったくそんなことはないと思うよ~

ま、名古屋くんだりからここまできたのはやっぱ、お稲荷さんに呼ばれたんだろうが 事故をおこしてまで呼ぶ方じゃないぞ~

このタイミングならこいつを呼べるなってタイミングに、うちの母にこえかけたってだけで

伝えてほしいことがあるのは確かでしょうが、祭らないと祟るぞ~
ではなくてせっかく今までよいご縁でよい関係ですごしてきたのだから
できれば今後もよい関係でこの場所で過ごしたい

ということを伝えてほしかったわけ(へっぽこ霊感ですが)

お稲荷様は今の当主が普通だって
中々毎日毎日稲荷様をお世話するのが大変だというのは分かってるって、だから今までよくお世話をしてくれてありがとうと
いってるよっ~

それ伝えたいんだってさ お世話できないから災いを起こすなんて怖がらなくてもいいですよ 。起こさないからって言ってますと伝えました

このお稲荷様やりますね。さすが古いだけあって。おひとりなのに3人セットの文殊様の知恵のよう

多分凄く霊格が高いお稲荷様なんじゃないでしょうか
そんなこといったら感動して今まで以上にお世話しちゃいますよね

そうか、この伝え方もあったのかと感動したことが昨日のことのように頭を駆け巡りはしませんが(なぜなら昨日はサーフィンだから)

その後お社の写真送って~と頼んで送ってもらったら、お稲荷様
してやったりの笑顔で笑ってました

当然のことながらしっかりと榊もかえて、毎日お供えもしてるそうです

やりますな~

お稲荷様ほっこりいい話でした

ちなみに三河一色の上等なウナギをごちそうになりました

当時はウナギもここまで高騰してなかったですからね~ お稲荷様、ゴっちゃんです

スポンサーリンク

コメント

  1. くりくりたろ より:

    良いお稲荷様のお話。
    私もニッコリになりました。ありがとうございます。
    家におられる神様、といっても、戸棚の上にお札をおいたものですが、大切にします。
    毎日お水と、榊のお水を変えるくらいですが。
    お供えは何を差し上げるのが良いのかわからなくて。

  2. jimi より:

    いやいや、私もよい話だな~と
    密教のぎぎ(教科書)ではかんきつ類~ですが

    私的には甘いものは喜ばれるな~と感じます
    お札を頂いた神社に聞くのが一番でしょ