読者登録お願いします
スポンサーリンク

原始脳と低酸素霊能の秘密

あるお医者さんとお話しする機会がありまして
ちょっと刺激を受けて色々とリーディングがなのです
キーワードは低酸素とドパーミンと幻視です。
過去の瞑想なんかの行法が繋がってきました。

ユタや霊能者になるまえの巫病なんかもですが
なんかそんな状態になるじゃん?
ちょっとそれについても降りてきたり。

スポンサーリンク

あと呼吸リズムや原始脳と呼ばれるとこだったり。
かなりこゆいです。

われながらびっくりの内容なので

記事にするの期待してください。

医学的見地というのを知ると

一層リーディングや能力高まりますね自分の身体の動きや役割を知ると

それにそってリーディングするのが一番自然で効果的で。

よく考えれば当たり前なんですが

霊能も筋肉なんかと同じ能力の一つと
考えれば使えば(鍛えれば)伸びるし効果的に使うのはスポーツなんかでは当たり前じゃん?

ある意味精神世界は立ち遅れてるなあ~

精神と肉体をそれこそ別で考えてるといいますか精神絶対主義じゃないっすか

精神上位論というか。

実は昔は霊能者なんかもっと肉体を使ってたりするんだよね~

とおもったりなのです

なんだかんだで昔からある行法って肉体を使うものが多いじゃないっすか

いつも言うように精神は肉体からアプローチというものともう一つ大きな理由があった気がするのです

静的な瞑想って魔というものが介入しやすいじゃないっすか

多分なのですが動的なものって介入しにくいということがあると思うのです

修験なんかでお経~なんか読むときって早く読んだりじゃないっすか

そうじゃないと魔が入る~と言う意味合いでも

動的なものって多分静的な行法よりも入りにくいのかも

もひとつが、私の好きなゆる理論の高岡英夫先生の

脳は体と連動してて、体を使ったり動かせばそこに連動する脳の部分が活性化する

その辺りもなのでしょう 静的な行だけでは活性化しない脳の場所なんかがやはり活性化する

もひとつが最初に書いた低酸素といわゆる原始脳

脳に送られる酸素というものが少なくなると、今まで眠っていたいわゆる原始脳といわれる部分が活性化されるのでしょうな~

多分そこに、現代人が文明との発達とともに使わなくなった霊的能力というものも眠ってるのかもですな~

ちなみに密教の行なんかを私は行うと、やたらと脳疲労がするのです

どれくらいというとぐったりして動けなくなるくらいに

多分普段使っていない脳の領域というものを使っていたり、拡げる作用もあるのだと思うのです

私の妄想では、三密というものにかなりポイントがあるかと

ある意味肉体も使う動的な瞑想状態ともいえるので、肉体というものもポイントかな~

あとですね、日ごろ言いなれてない真言やお経云々もやはり脳の普段使ってない領域を拡げるでしょうし、説かれてる世界観なんかも分かるような分からんような案外脳をあえて混乱させるようにできてるかもな~

今風の脳生理学でいえばと思ったりもなのです

混乱させて活性化させちゃうみたいな

ちなみに我が家の陰陽ではいわゆるイメージングがすご~く大事で

行うものや思い浮かべるものをありありとイメージなのです

その辺りの違いもなかなか興味深いのです

多分陰陽道では曼荼羅というある意味抽象的な象徴というものはありえなかったのかもですな~

と書いてますが、平安期なんかはやんごとなき方達の祈祷なんかで密教と安倍家なんかが結構かかわりがあったそうなので、その影響で土御門曼荼羅!!なんてものが結構あったりして ははは

コメント

  1. くりくりたろ より:

    高岡先生のゆる体操はずいぶん前に話題になった時にやりました。独特な不思議な体操ですが、なんか、すっきりした覚えがあります。CD付きの本を購入してやっていましたが、母が気に入ったというのであげてしまい、その後やっていませんでした。その後、高齢の母は続けていて調子がいいようです。脳も活性化するのですねー。
    私もまた再開しようかなと思いました。

  2. Mally より:

    美術館に行くと脳が疲れてグッタリすることがありますが、やはり普段使ってない領域を急に働かせるからなんでしょうね。
    仕事(事務系)に忙殺される時の脳疲労とは別の種類の疲労感で、目も耳もふさいで全ての情報をシャットアウトしたくなります。たまにはこういう荒療治もいい刺激かな。

    多趣味な人間にはなれそうもありませんが、興味の幅が広い人は脳の色んな領域を使うので、結果的に若々しくいられるんでしょうかね。

  3. 愛読者 より:

    般若心経は 半分まで読むと疲れます。

    般若心経の写経も半分書けば 疲れます
    根気が無いのかな~?

  4. 猫のチャイ より:

    三途の川を見たけど渡らず戻ってきた的な体験をした方が、その後にいろいろ視えるようになったという話をしばしば聞きますが、低酸素状態での原始脳の活性化の実例なのかもしれませんね。でもやりすぎると脳が死んでしまうし、そのしきい値の見極めは、素人では無理でしょうねぇ…。

  5. サリ- より:

    三途の川を見た後の不思議って
    そういう事だったのね。
    納得 納得
    でも 猫のチャイさんがおっしゃる通り なんか 危ない領域ですね。

  6. jimi より:

    それは単に根気がない&読みなれてないです

    英語の長文や漢文を見ただけでもう無理!と脳が拒否するのと同じですよおお
    私は毎日毎日美女連中が押し寄せてくるので美女を見ると脳が拒否ります

    たまにはブスが来ないかな~ ははは

  7. jimi より:

    三途の川理論!!案外それはあるかもですな~ ちなみに私も何度も臨死体験してますが
    (一番やばいのはスズメバチの時で時計見たら14時間くらい意識がなかった)

    その時不思議な体験してましたね~