読者登録お願いします
スポンサーリンク

崇徳上皇の呪い

日本史上最大の怨霊といわれているものに

崇徳上皇の怨念というのがありまして

保元の乱で後白河天皇に敗れ伊予の国に島流しとされ

死ぬ時も自分は怨霊となって、天皇家を民に落としてやる~

とどえらい怨んでなくなったという

この方旧ブログに少し書きましたがまた書きます

さてどうなったかはまた次回ですが

偉大な霊覚者だったと言われる明治天皇がですね、江戸時代最後の日、元号が慶応から明治に代わるその日 

スポンサーリンク

明治維新にとって最も大切な日に何をしたか?といいますと

なんとその四国の崇徳上皇のお墓に勅使(天皇のお使いのお手紙)を出してるんです 

ごめんよ~って ま、そんなぬるくない内容でマジすいませんって

それすごいでしょ?

ちょっとこの話リーディング聞きたいでしょ?

長くなるので次回ですが

ちなみに私の感覚では崇徳さん呪詛下手なんだよな~

一応密教的な修法で呪詛やってる感じはあるのですが、結局はその肝というものをつかんでいない感じなのですね

ただただ呪いの意識をひたすらハイテンションでぶつけるという

呪術というにはあまりにも原始的(プリミティブ呪詛)

そんな感覚なのです

ただ呪詛が効かないかと言わるとやはり死後も呪詛が効いてた気もするのです

崇徳上皇自体が怨霊になれたかというと多分なれなかったとは思うのですが、

上皇のその意識というものに霊的な存在達が寄ってきて大きな磁場になったんじゃないかな~と思うのです

それ以上に、日本史の法則で、身分が高いやんごとなき方が無念の死を遂げると怨霊となる

その法則を同時代の人間たちが意識として強力に共有してたから、それらの人たちの意識でも強大な怨霊として作り上げた

そんな気がするのです

道真公や将門公のように

しかも彼らと違って崇徳さんは日本で最も高貴な天皇という地位にあった方ですから

そりゃあ天皇が強い恨みを抱いて死んだら、どえらい怨霊になってしまう!!と普通に思いますよね

現代のわれわれだって例えば今上天皇のなるちゃんさまが、くそー!!

あのジミヘンの野郎!!絶対許さねーからな!!

死んでもお前の子孫を代々呪い殺してやる!!と言いながら無念の死を遂げたと聞いたら

普通に代々呪われてどえらいことになっちゃうと思うじゃないですか

日本史にはやはりそういう法則、怨霊信仰という意識場が強力にあるのです 

お岩さんに恨まれるより天皇陛下に恨まれる方がやっぱり怖いですもん

スポンサーリンク

コメント

  1. ボトルパーム より:

    昨日テレビで見たばかりですが、記事の上皇さまと同じ名前の子役さんがいますね。
    まさか同じ名前?と画面をしげしげ見ましたが、読みは違うけど漢字は同じ。
    親御さんはきっと知らずに命名されたんだろうなとは思いましたが、それにしてもかなりの驚きでした。

  2. jimi より:

    あら、びっくり ちなみに日本では無念の死を遂げた天皇は素晴らしい 諡号(死んだ後の呼び名)をつけて怨霊にならないようにという説があります

    聖徳太子のように 崇徳というとんでもなく素晴らしい字を使った諡号を朝廷が死後送ったのはそれほどまでに怨霊化をおそれたんでしょうな~

    ちなみにお名前は素晴らしい名前すぎても名前負けしちゃうとも言われますよね~
    今後どんな活躍するか興味あり!!(自殺なんかするなよとマジで心配も)

  3. 猫のチャイ より:

    明治天皇でやっと正統な(南朝の)血統に戻ったって話がありますよね。だからご自身が天皇に即位される時、血統を守るべく命がけで戦ってくれたご先祖に感謝と天皇家としての謝罪をして、崇徳天皇にとって都である京都の白峰神宮に戻っていただいたのだと。もちろん、天皇に擁立してその後の行動も示したブレインがいてのことだと思いますが。
    ムネノリ君の元グラビアお母さんは、当時の偏差値40台前半の高校中退が最終学歴なので、崇徳天皇のことをきちんと調べて知った上で名付けをした、と考えるのは難しいなという感想です。私もテレビで観て「畏れ多い御名のなかでも最上級クラスをいったな」と思いました。
    内実ともに健やかな大人に育ちますよう。

  4. 匿名 より:

    猫のちゃいさんは歴史も詳しいのですね。すご~い
    じみへんさんとチャイさんの知的な会話には脳足りんの自分はとても入り込めないので外野からアイス食べながら眺めてるだけ(?_?)

    • 猫のチャイ より:

      や、でも南北朝ではなく平安の御方ですし、戦ったといっても時代の波にのまれて四国の果てに流されちゃったわけですから、南朝のお話とくっつけて話すのは無理があるんです。だから話半分に「またなんか書いてるわ」くらいで納めておいてください。(汗)

  5. 猫のチャイ より:

    そして内実ともにってなんのことやら。内も実も同じじゃないか。
    逝ってきます…。

  6. このブログの筆者のジミヘンから被害に遭っています より:

    日本の歴史の解釈ブログにしていますが、
    ジミヘンさん朝鮮人だと他の幽体離脱者から言われていました。
    女子大生殺人事件の犯人のほかに通り魔殺人事件の犯人だとも言われていましたが本当でしょうか?

    私と父親と家族が一緒に住む自宅内に幽体離脱で上がり込んで抱きついてくるのは気持ち悪いからやめて下さい。