読者登録お願いします
スポンサーリンク

化け物退治と日本刀

ゴーストバスターズの続きで刀の編纂と

身体の使い方で私がパッと浮かんだということですが。

怪物退治というのは基本平安期までなのでは?
それ以降は人霊(人の怨霊やら)退治になったのでは?
ということです。

中には例外も当然あるでしょうが。

江戸時代なんかでも化け猫退治的なのは

ありそうでもヤマタノオロチのような

どえらいものの退治ってあんまイメージわかない


詳しく言うとやまたのおろちなんかはスサノウは剣でついてると感じます。

当然最終的に首を落とすには斬るのでしょうが


平安期のゴーストバスター渡辺綱は

大きな反りのある湾刀で酒天童子(字違う?)
や鬼の腕を切り落としてます。

どうやって?手を伸ばしなるたけ刀を自分の身体から離して。
なぜか?
あいてが人外のモノなので間合いが分からない、つめられないから。


それを可能にしたのが私達がイメージするお侍さんの刀(そりが小さいもの)ではなく

突くこと中心の古代の剣や身体から離して使う太刀というものなんです。

戦国期や江戸期ってあんま怪物退治って聞かないじゃん?


もしかして怪物がいなくなってたかもの可能性もあるけど

多分刀では怪物を切れなかったから退治できなかったのだと。

なぜか?

戦国期以降のいわゆる刀って反りが小さいから相手に近づき刀は自分の身体から離さず
円の運動で斬る動きなんです(基本は)

ということは相手の懐に飛び込まないと切れないわけ。


怪物って大抵人間より間合い遠いじゃん、

そんなもの相手に間合いつめってったら
殺されるじゃん?

これ多分凄く重要だと思うのです
呪術師よりも武術方面の方のほうが術の勘がいい、ってのはそういうのもあって。

じゃ、刀は何を斬るの?ですが人霊や怨念、

生霊や浮遊霊といった人間であったもの
中心なんです。


残された話もそういったものを斬った、退治したってのが多いでしょ?

間合いということだと槍は?となりますが残念ながら槍では退治できないと感じます。

スポンサーリンク

なぜか?
槍には宿らないから。

刀って古来より神聖視されてるじゃん?

奉納だってされたり。 
なんで奉納するかだが元々は神様、お使いください、なんだと感じます。


ってことは刀は神は使うがやりは使わないんです。

ま、私のこの説は全くでたらめかもですが、実は結構正しいと感じるのです。

ちなみに一緒にいた武術家の方も
その通りかもと言ってましやね~

でその方に先代やらの逸話を聞くともう信じられないくらい凄いのです


武術って元々身固めやらの術も使うじゃん?

その辺りのことがもうレベルが違うのです

我々絶対勝てないって位。
でリーディングすると確かに出来てると感じるのです。

でその秘密は?ですが。

これ次回に引き伸ばします。
ま、秘密は一つでこれをなんて単純なものではないですが。

ヒントは丹田、重心、ベアフット、なんてね

ちなみに日本刀というものですが、

血を欲しがる~物もあるというじゃないですか

知り合いのコレクターさんなんかも

日本刀を手に持つとなんか知らんけど

高揚感にあふれ、ああ、これがもっとあふれる

と斬りたくなっちゃうんだろうな~

と言ってましたが 

私のかんかくですと、霊的なものや念なんか

も、ふら~っと吸い寄せられて

勝手に切られちゃうんだろうな~

と思ったのです 

とある宝物館の日本刀に真っ黒な

ソフトボール大のものがふら~と

引き寄せられ、パンという音とともに

きれいに切られて消えたのを

見たことがあったりなのです

スポンサーリンク