読者登録お願いします
スポンサーリンク

後藤又兵衛をリーディング すごい漢

後藤又兵衛のリクエスト、受けましたよ~

凄い遠いですね、ってことはこの世に

未練もなくです。


基本伝えられてる通りの方です。

 

もう凄く自分に自信ありで

(その通りの実力と部下へのカリスマ性あり)

主君長政を見下してます。

口先だけ上手な青二才的な。


軍事は自分に任せて口出しするな、と。

そんな感じなことは本人にいつも言ってますし


多くの家臣のまえでもそんな感じのことを

平気で言います。

戦評定の席で長政は何度も恥を

かかされてますし、

逸話の長政を助けなかった等も真実です。

しかも黒田家にいるときはこの人、

他家にも本当に武名の高い男でした。

 

性格的にはいわゆる世間で認識されてる

福島正則です。


で正則の太閤さんのように如水に心酔してます。
自分を使いこなせるのは如水だけだと。

 

如水もこのいのしし武者をとても愛してますね。


戦術的にはとても直感的です。

幸村とは対照的で理詰めでは全く考えない。
その場で感じたもので戦術を建てますが

その能力がとても高いです

戦場ではとっさの判断力がとても高いので部下から心酔されてます。
ここまでの直感型で結果出す人、

珍しいです。

本田忠勝なんかは実は凄く理詰めの
所もありますし。


その辺りの対照的な感覚が幸村と

信頼し合えたのでしょう。

お互いの能力と人間性を高い


レベルで信頼しきってます。

盟友ですね。

如水死後はこの人浪人して仕官も長政に

邪魔されまくりじゃん。
本当は長政はこの人ころしたいくらい

にくいですね。

もう悔しくて仕方ない。


ただこれだけ高名な男を何の罪もなく

殺せばたとえ関が原で戦功第一でも

幕府ににらまれるので

(ただでさえ大禄だし秀忠には

思い切り嫌われてる)

それが精一杯ですね。

その頃の又兵衛はあきらめです。

このまま朽ち果てるのだと。

今までの自分の行為を振りかえり

やはりですぎた、と感じてます。

心境的にはかなり落ち込んでます。

見た目も老け込み


かつての面影なし。


人前では全く気にしてないと振舞うが。

スポンサーリンク

生活は今で言うキッチンドランカーで酒で紛らわすです。

 

なので大坂方からの話が来たときは

禄やらどうでもよくただ最後の死に場所

というか、華々しく表舞台に立てる

ということだけでとても幸せです。

捨てた人生最後にまさかのもう一花てきな。

名のある浪人衆はみんなそうですが。


なので基本は勝ち負けはどうでもよくいかに華々しく戦えるか、それだけです

 

だったのですが。

そこに幸村という稀代の戦略家と出会い幸村の戦略を聞き

(結局却下されたが)

本気でこの戦勝てる、幸村の戦略と

自分の戦の感覚、

秀頼の威光があれば勝てる


と確信してますね。


(でも幸村の意見通らなかったり淀殿ラインが主導権なので段々勝てる見込みを失ってますが)


ただそこに幸村という男は本来なら

どう考えても負け戦の戦術の中で

いかに勝機を見出すか、

という発想と現実的な手腕を目の当たりにし

この人幸村を尊敬し、また一緒に戦いたいと


感じてます。

大坂方は結局自分と幸村しかいないと

感じてます。

というか完全に幸村の戦略と

人柄にほれ込んでおり幸村の戦略を自分が実行する、
それがこの人の喜びになっています。
最後はテッポウで胴を打ち抜かれ落馬と感じます。

悔いはまったくなしですね。

感覚としては如水の元で高名を挙げた

前半生よりも幸村とともにいた大坂の陣のほうが充実感を感じてます。

ちなみに太閤や秀頼への恩義は全くなし。


最後は長政への長年のわだかまりもなし。

実は最後の意識って

黒田家への心配といいますか。
黒田憎しはまったくなく

黒田が今後も栄えるように、との心配なのです。


その辺りの口は悪いが実は性格のよいところが

如水にも、また部下にも慕われた
要因では?ちなみに大阪方に入城した

名のあるかつての武将たち。

今の我々の感覚ではわからなかったのですが、

関ケ原から15年余り、その間年老いて、

なおかつ生活だって浪人のみで苦しい 

このまま朽ち果てていくんだな~

と絶望感じていた時に、最後に華々しく

死に華を咲かさせれるチャンス!!

ということで我々が思う以上に

喜び勇んで死に場所に向かったと感じます。

勝って生き残るというよりも

華々しく死ねる喜びみたいな感じだったかも

漢として武将として死ねるチャンスを頂いたてきな

スポンサーリンク

コメント

  1. 猫のチャイ より:

    男にとって面子が命より大事なのは戦国の世も今も変わらないのですねぇ…そのへんが生む性と生まない性の差なのかなと。
    女はメンツなんかのために死んだりしませんからねぇ。子供が危ない時には守るために盾になることは躊躇しないけど。

  2. jimi より:

    私の好きな安藤昇先生の名言,ヤクザはやめても漢はやめてね~!!
    じゃないですが、昭和の時代の男たちまではやはり何よりも男としてのメンツが一番大事
    だったのでしょう

    最近はメンツなんかどうでっもいいじゃん~という私のようなへぼいおとこばかりですが

    ただ男のメンツを重要としてる漢たちはやはり色気というものがあるんだろうな~とは思います

    我々は残念ながら男の色気はないでしょう

  3. 猫のチャイ より:

    出世競争で同期に負けたからって会社辞めてくるようなメンツ重視男は、なんぼ身体の相性が良くても恋人や妻に捨てられますって。
    大化の改新(今は乙巳の変?)で一人、クーデターに参加しなかった皇子がいたのですが(名前忘れた)、参加しなかった理由が「もし失敗したら妻子の命が危ないから」というもので。それを学生の頃は「ダセェな」と思っていましたが、ババに近いおばちゃんになった今は、それも男の立派な決断だよねと思うようになりました。
    目下の者に頭を下げてでも生き抜いて家族のごはんを持ってこれる男が、一番の漢ですよ。

  4. サリー より:

    ↑↑↑
    上記変質者のかいたコメント目障り
    削除希望します。

  5. jimi より:

    大丈夫です~ お約束通りお吉です~♡にしない限りさっさと削除しちゃいますから

    どんだけコメントにのっけてほしいのでしょうな~ その労力を美容にかけろ!!

  6. 読者 より:

    さすが猫(=^_^=)のチャイさんの
    名言はごもっともです。

    「目下の者に頭下げてでも生き抜いて
    家族のご飯持ってこれる男が1番の漢ですよ」

    素晴らしい名言

    しかし以外とこれ出来ない男多いっす

    自分の父親もこれが出来なくて家庭崩壊し
    離婚した男です。
    トホホ
    もう仏様になりあの世に行きました。
    母親は悔しいから長生きするとバリバリです。

  7. jimi より:

    私も安藤イズムの漢は舐められたらおしまいよ!!といいたいのですが、頭下げてま~るく治まるならいくらでも下げますよ~

    なんなら笑ってあなた様の股の下でもくぐっちゃいますよ~の韓信イズム丸出しの生き方なのです

    謝ってすむならあやまりゃいいじゃん たかだかそれだけのことだもん

  8. 読者 より:

    わたし男じゃないけど
    子ども達食べさせる為に
    職場で頑張ってます。

    目下の上司に頭下げ 文句も言わず指示に従い
    感じの悪いくそ爺やくそ婆の嫌みもサラッと長し 決して戦わず 戦うだけバカみるから 我慢我慢 寛容に寛容に笑顔でにっこり

    そして
    日々妄想の中で
    後ろから蹴り飛ばしてます笑

    • 猫のチャイ より:

      おかーちゃん達の頑張りが、社会のほんとの屋台骨だなと思います。
      たまにはご自身にご褒美あげてくださいね。
      スイーツとか、獺祭とか、ライブとか。

  9. yocy より:

    漢は女子を前にしたら ごめんなさいとお願いします。これだけです。
    一度だけおねがい! 最後にお願い!これをマントラの如く繰り返し
    ましょう。これで大体のことは上手くゆきます。

  10. 読者 より:

    猫のチャイさんへ
    アドバイスありがとうございます。
    自分へのご褒美してませんでした(*_*)
    食べたい物も我慢我慢で・・・

    そうだ たまには
    角上で生寿司買って 鳥龍ハイも買って
    自分に「お疲れ(*^-^)ノ頑張ってるご褒美だよ!」 って自分にプレゼントしてみます!

  11. jimi より:

    私の自分へのご褒美ははま寿司さんにいって、お寿司とラーメンとデザートまでおなか一杯食べて
    総額2000円というコースです お昼で2000円なんてお大臣になったんじゃないかと錯覚しちゃう額です!!

    うわわわわ贅沢しちゃったよ~ 帰りにシャトレーゼさんでケーキやシューなんて買ったら目がつぶれちゃう!!となるのでケーキは買わずに自転車で帰ります

  12. サクラ より:

    ジミヘンさんシャトレーゼ行くんだ。
    なんだかうれしいです( ´ ▽ ` )