読者登録お願いします
スポンサーリンク

信玄には呪術の影があり信長には呪術の影がない

以前丸亀城に行ったとき思い切り人柱を感じまして。


人柱の変遷が浮かんだのです

yjimage8bd4wylr

 

めっちゃ立派な石垣ですな

日本の技術力やばいです!!

石垣ができてから大きなお城が作れるようになったのです

重い建物の重量を支えれるように

昔の人どうやって重量を支えるにはどれだけの

石垣が~とか計算したんでしょ?

もしかして経験則?

スポンサーリンク

さて人柱 やはり若い女子ですね~ もう少し昔は

それこそ美しい処女なんかをささげてましたが

多分このころは目が視えなかったり

生きていくのが大変だろうと思われる女性なんかをと感じます

ま、この生贄をささげて荒ぶる神の怒りやらを

鎮めるというのは太古からやってますから

 

それが人柱。

だって人間の肉を貢物にする変わりにかなえるわけでしょ?


もうそれって最大の願掛け

今だって地震祭なんかで埋めものするのも

ま、貢物といいますか 

こんな大事な貴重なものをささげますので

一つよろしく!!便宜のほどを

という日本の談合の縮図のように!!


何に願ってるかって?

どうかんがえてもアマテラスじゃないでしょ?


橋だったら河のヌシの竜やらだし

城だったら元来其処にいた

あらぶるものだったりじゃん?


お城に勧請してる神社って基本そっち系でしょ?

なんですよ。

今と違いそれらの願掛けって当時の最先端技術でありメッチャ必要だったのです


今で言うNASAの研究、我が町名古屋の名城大学の教授のように(ノーベル賞)

で人柱ですが、大きな力を持った為政者達の

テクノロジーの変換で術も変わってる感が。


信長以前の戦国期は日本を統治という為政者が

いないじゃないですか

将軍様という足利家が落ちぶれちゃってますから

人柱全盛で信長の場合はちょっと違い、

人柱という行為というものを余り重要視してない感がすごくある

信長って軍師というものを置かなかった

てきないい方されるじゃないですか 

私はそこ凄く興味深いのです

戦国時代の軍師=どんな陣形で戦うかを決める

~的な戦場の指揮官というイメージですが

実はもっと呪術的じゃないですか

武田家の山本勘助のように、

遁甲なんかで攻める方位や時間決めたり

はたまた呪詛なんかしたりと言う感じの

信長ってそれらを感じさせないんですよね~

凄く興味深い

桶狭間だって遁甲で~というよりも信長のひらめきで突然出撃

長篠の戦いなんかにしても、術で配置決めたというよりもぜ~んぶ

信長の頭の中にあったものを具現化したら

柵を作ってそこから鉄砲の乱射、そんなイメージなのです

興味深い!!


それ以上の効果のものを知ってたきが。


それは後ろのモノの影響で。

逆にその後ろのモノが結果的に信長の巨大建造物を作らせてるのかも


ちなみにそれらの巨大建造物や信長の功績の建造物って

最終的に消失してるんですよね~


安土城や岐阜城はもとより。

二条城やセミナリオや鉄船に至るまで。

それって私的にはかなり興味深いのです

で秀吉以降はというと。

は次回ね。

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名でござる より:

    織田信長が他の武将と違うところが
    雨の日を狙って戦をしていたらしいですよね

  2. jimi より:

    あら、雨の日狙いっすか~ 桶狭間は確実にあのタイミング狙ってましたよね~