読者登録お願いします
スポンサーリンク

由比ガ浜の落ち武者 鎌倉は街全体が心霊スポット

今帰宅です 

近所の電柱にカラスとまってっまして


なんだか気になったんです 

カーカーじゃなく、クックみたいな。


やたら共鳴する

鳴き声と思えない声です

 

浮かんだのが何とかを司るって言葉で。
気になるので窓からジーっと視てると、

カラスは黄泉を司るって入ってくるんです。
カラスが黄泉ですか、

なんだか大層な。

 

って感じで徹夜なんで感度怪しいかな?

だれかからす詳しくないですか?
でこれがまたまたなのですが。

カラス視てると白装束に杖ついてこおり

(っていうの?つずら?すずめを助けた

爺さんが大きいのか小さいのか

選んだってやつ)

みたいなの背負った人が現れる。

 

って普通に行者だけど。
からす天狗はなんどかみたけどカラスが

行者の格好だったがこれはなんでしょう。
カラスに聞いたって教えてくれそうに

ないしね~ 

カーッと馬鹿にされておしまいですし
気になる、っていうほど気になんないけど。


なんだか名古屋に住んでたときより

江ノ島近辺や鎌倉は確実にそういう

訳の分かんないものがいまだに

普通に生息してますね。

 

しかも結構滑稽というかなんだか

ニヤッと笑っちゃう可愛さのある物が

スポンサーリンク

水木先生が妖怪を愛した理由なんか

分かるなあ、愛嬌あるじゃん。

で先日は夜の由比ガ浜で甲冑すがたの

騎馬武者や徒歩の武者を3,40騎程

見かけたのです。

 

ただ凄い恐い。

全身筋肉って感じのまさしく屈強背は低い

ちびマッチョ的なのでなべやかんは

現代の鎌倉武士です!!

なべやかんと違い近寄れないほどの気迫。
なんか脂汗がでて立ち尽くすしかない

というかまさに蛇ににらまれた蛙状態

昔の戦人ってこんな凄いんだ

日常に人殺しがあるってのは凄いことだな~


私の好きな格闘家で平直行って人がいまして。

漫画のバキのモデルになった人

今は古武道やらもされてますが

武道と格闘技の違いで

武道は人を殺すもので一人だけが


強くなるのでなくみんなで強くなるもの、

其処には活人術(ようは身体を治したり)

もある。


なんでかっていうと一人だけ強くたって勝てないじゃん?

みんなで強くないと、


みたいなこと言ってって。

なんかそれが凄いリアルに感じたんです。

みんなが強いというかね。
上手くはいえませんが。


場所的には新田軍が鎌倉に攻めるとこかな?

と思ったのだがよく分かりません。


案外あの辺りよく視ます。

鎌倉に入るにはいくつかの街道しかなかったわけです


その一つの切り通しの上でいまだに弓を引いて

待ち伏せしてる兵隊さんやら、


伝令で走ってる騎馬武者も視るしは

たまた胴巻きしかしてない徒歩の多分農民兵が


いまだに鎌倉山の中を彷徨ってたり。

あそこはいまだに戦争終わらずの霊が

結構います 鎌倉の地形の本なんか見ると、

やはりその切り通しは新田さん達の

鎌倉攻めの時の重要な防衛線で、

そんな狭い地域で何度も戦闘が行われた

そうです


友達の家なんかいまだに夜になると

ひずめの音がしたりオーとかの勝どきや


がっしゃんがっしゃんと肉弾戦の音が聞こえると言いますからね~

なかなか素敵な住環境でうらやましい!!

スポンサーリンク

コメント

  1. 夜風 より:

    バリ島にずっと前に行ったとき、当時霊感バリバリだった同行者が言うには、「日本では幽霊とかはそれらしい見え方をするから分かるけど、バリ島では精霊だかなんだか極彩色でハッキリと見えちゃうので、もしかして、誰にでも見えてるの?まじで3次元にいるの?」
    だったそうで。
    私は同行者に守られていたせいか、バリシックにもかからず、楽しくすごせました。
    ガルーダとか巨大な白い犬のような存在とか(バロンちゃんかな)色々歩きまわっているそうです。
    ちなみにバリ島の精霊さんたちはバリ島が大好きなので、もし肩に乗っかられても、乗継のジャカルタかグアムあたりで、お帰りになります。
    再度バリ島を訪れたとき、私も肩に何かに乗っかられて、乗継のジャカルタまで絶不調になった経験ありです。
    あっ肩が軽くなって、もとに戻った、というはっきりとした瞬間がありました。
    私には何も見えませんが、バリ島は不思議で面白いところだと思います。

  2. 猫のチャイ より:

    バリ島いいですよねぇ~!幸いみえないので、ひたすらヒンズーの恐ろし妖しさ、そして不思議さ優しさを楽しむ日々でしたが。独身の頃、仕事の納期済んだらすぐ飛んで3~4日バリ島で過ごして、という日々をしばらくやってました。ドドン!って飛行機のタイヤがバリ島に着くと「ただいまー!」って気分で。あーまた帰りたい!です。
    で、鎌倉の未成仏霊、さっさと成仏したら?って思いますけど。生まれ変わってまた戦えばいーじゃんって声をかけてやりたいです。次はeスポーツあたりで。(笑)

  3. 12w より:

    三本足の八咫烏は黄泉の使いですよね、
    京都の鳥辺野は風葬地帯で死者を放り投げたところが、今熊野神社(眷属が烏)になってたり、死者を投げ入れた井戸が烏井戸と呼ばれたり
    風葬では死体を食べるジャッカル→荼吉尼→稲荷、烏→八咫烏で神格化されてますね

  4. 猫のチャイ より:

    え、そうなんですか。
    やたがらすは神武さんが東征された折、「このルートがいいよー」と九州から近畿まで道案内をした存在としか。
    だから熊野のやたがらすは神様の眷属さんとして神社におられますし、勝利へ導く縁起の良いシンボルとしてサッカー日本代表のユニホームにもしるされていますよね。
    神武さんの橿原神宮がある奈良県の人は、「やたがらす?あー美味しいよねぇあのお酒」と答える人が多いです。(笑)

  5. 風来坊 より:

    今日の湘南は重い感じでしたね〰️確かにカラスも多かった。

  6. jimi より:

    神武は北緯34度上~をという説もありますよね

  7. jimi より:

    ちなみに現代の3本脚の道鏡は小室Kさんだと睨んでおります ギロリ

  8. jimi より:

    バリはやはり未だに霊的な磁場が残ってる感じするので
    不思議なことは起きるのでしょうな~