読者登録お願いします
スポンサーリンク

わが家で使ってた術や代々の業のお話

さてまたまた呪術のお話

術やらを込めたら中に封じないとでしょ?


そのとき、印やら図形やらを使うのですが。

最後に効果的な印を。

印というよりは図形といいますか
〆ね。

ほら、封筒やらに書くじゃん。〆って。

それ込めるのです。確かに封じ込めれます。


するしないで効果違います。

多分昔から使われてたというよりは

うちのばあさんが勝手に始めた気もしますが ははは

 

で私がよく使うのは(特に術で)封じたり

込めたりしたら最後に自分の名前を意味する

印を斬って〆印を。

で名前の斬り方ですが
そのモノ全体に名前の印を斬って

(感覚的には墨で名前を記して)

そのあと〆も書く
という感じで。

凄く大事なポイント書きますね。

朱塗りです。

色は朱塗りの墨汁(?)を使うイメージで。

朱塗りの墨汁なんて本来ないと思うので

私は単なる筆ペンのインクイメージのちゃっかりさんですが


なんでか?ですが自分の血液で書くのです。


血って実は凄く術では大事で。

ほら、血判状でも血使うでしょ?


自分の分身という意味も大だし。

呪術には血!!

術的には封じ込めって基本穢れを

(人外のものも)封じるわけじゃん。


邪は清では封じられないわけでして。

蛇の道は蛇(本とは邪)っていうじゃん?

穢れには穢れでなんです。

昔から日本で一番忌み嫌われてたのが血の穢れ
なので血なのです。

(本当は死の穢れが一番忌み嫌われますが)

えぐい話ですが世界中の術者って(陰陽師も)

死体(特に頭蓋骨)って欲しがってたじゃないすか?


術で使うために。

それって死の穢れを使う意味があるんです。


出来ればこの世への怨念が強ければ強い死体ほどよくて。

凄くえぐい話なのでパスの方は飛ばしてね。

以前死体を先祖が使ってた話書いたきもしますが


もっとえぐいのですが。

政争関係で敗れでっち上げられた死体ってあるでしょ?

凄く怨念と残虐性に優れた死体でしょ?
もう術者だったらのどから手がでるほど欲しいと思うのです

それらって凄く使えたらしいのです
これって古代から使ってたと思いますが

なので時の為政者って自分の死体を

使われないようにいろいろしてたり信玄公のように埋葬地を内緒するのです

家康公のように墓に様々な術を仕掛けたりするのです

スポンサーリンク

おじの奥さんの実家がま、あるとこのお武家さん(差しさわりありすぎなので内緒)。

家名はま、結構有名なので=ヒトを沢山斬ってるわけなのです


特に名を上げた方の場合は戦が主で。

凄くそれが業になってまして

なので子孫に代々あることがかかってくるんですな
男子も女子も。


架ける範囲もかけない範囲もあるのでかける範囲のお話

女子は眼(特に中年以降)に来るのです
そこの奥さんの母方は神社の宮司の家系なのですが。
それでも娘や孫の代にも業として表れてたりするのです 

息子の方にもやはり表れてたりもですがこちらは内緒

業ってなかなか解消されなかったりなのです

コメント

  1. 七海 より:

    穢れに穢れで血の封印、道理で納得です
    恨みでいえば、知多の野間大坊も凄そうですが、想像してた厳かなのと、ちょっと違う?感じで、まぁ、お守りいろいろかわいかったです

  2. かめんのきもち より:

    昔は、お札も血で書いてたのでしょうか?
     

  3. jimi より:

    わが家は血では描いてないですが ここぞという霊符は血を混ぜた~と言う話は聞きますな~

    ま、呪詛の時とかはと

  4. jimi より:

    いや~、私も野間大望いろんな意味で好きなのでよく行きます ははは

    義朝公や信長のバカ息子のようにここで無念の死を遂げてたりなので
    やはり何かしら呼んじゃう磁場でしょう

    ちなみにあのあたりの知多半島も寸えたことがあるのでかなりな土地勘はあります~

    魚が旨いよ~ 波はないよ~ ごんぎつねの湯はおすすめだよ~ははは

    野間大望は血の池の草むらで蚊に喰われます