読者登録お願いします
スポンサーリンク

皆さん好きな古代の星のお話

お風呂で三輪山についての文献読んでました。
実は文献好きで、読んでると浮かぶというか視えたり

(それこそそのまんま映画のように)
ぱっと分かったりはたまた誰かが現れたり。

で今日は多氏という古い部族文字を見たときに現れたんです。
其処の子孫(というほど新しくなく奈良以前の人)。

でべらべらと。この一族って元は神武天皇の子供で政治でなく

祭祀を行うこととした氏族で


三輪山を祭ってたんです。(ま、大神神社ね)。

スポンサーリンク


基本太陽信仰じゃん?天皇家にしても世界中の古代って。(大事ですよ、ここ)

その現れた末裔がいいことを。
五ぼう星ってあるじゃん?

あれ色んな意味言われるじゃん?それこそ形のパワーだったり
人の形表してるとか印でとか。

陰陽で凄い大事じゃん。ある意味最重要ね。

(天皇家は実は六ぼう星で。これもそのうち)。
なんでかって?凄く考えてみりゃ当たり前のことをね。

星なんです。そのまんまでしょ?星の形でしょ?

じゃ、何で?ですが極あたりまえでした。

さっき書いたが陰陽道って北極星最重要じゃん。星祭りするじゃん。
で星が最も大事なんです。で星。なるほど。

陰陽って陰が先でしょ?

これも意味があるんだって。陰陽は陰であって闇であって裏なんです。

なので表に出るな。表に出るのはあくまで陽であって

太陽でアマテラスなんです。

なるほど。陰が表に出ると世は乱れるって。
仰るとおりです。平安期そのまんまです。

怨霊やら飢饉、病やらで遷都遷都、また遷都でしたね。
それ以降だと応仁の乱の頃ですもん。確かに。

ま、今は力ある人いないから影響ないけど。
確かに陰は陰じゃないとね。

以前は星というものに全く興味がなかったのですが

最近星というものに興味津々

といいますか 本気でめっちゃ重要かもしれんと思ってます

今までは単なる知識のないバカだったから その重要さがわかんなかっただけかも

古来から天の配置が地上に影響を及ぼして

地上の為政者の徳が天の配置に影響を及ぼして

星の配置を見てそれを判断 国の機関としてそれを行っていた

やっぱ 何かあるんでしょうね

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    https://youtu.be/ylUE0IIqb8k
    この方のお話についてご意見伺いたいです

  2. 猫のチャイ より:

    星占いも、女子どものたわごとでしかなかったら、現代まで続いてなかったでしょうし。
    インド星占いとかすごいなぁと思いますが、宇宙の法則で動いてる何万光年も離れてる星々が、なんで銀河系のすみっこのその中の小さい星に住む人々の運命に影響を及ぼすのか、さっぱり分かりません。
    地球に影響がーとかならまだ理解出来るのですが。
    でも私は古代イスラエルと日本に交流があったとは思ってません。アマテラスさんがイスラエルの誰か(神様)と知り合いで、のレベルなんじゃないかと思ってます。

  3. チャム41 より:

    太陽と対になってるのは北極星だと思ってます。
    令和の今の空気にマッシブアタック凄く合うなと思ってCD買おうと思ったら今廃盤になってるみたいです!

  4. jimi より:

    あら~、あんなに売れたマッシブも廃番か~ てことはポーティスやトリッキーあたりも

    当然モアロッカーズなんかのブリストル勢は軒並み廃番すかね~
    では私はなぜか加護ちゃんのプロデュースもやってたというチャックD先生を久々に聞きますか~

  5. jimi より:

    ま、見上げた星がそのまんま我々地上とそこに住む人間にダイレクトに影響を~というか
    地上にまんま天空が写し絵のように~と言う感じなのでしょ~
    ちなみに私占いはしますが、お金払って見に行ったことってないんですよね~

    ははは

    興味はないのでしょう

  6. jimi より:

    すいません 個人様がどうこうはお答えしないのです~

    ご自分の判断で~になります

  7. よしお より:

    星祭とか星供養って、密教ではお祀りしますよね。
    それは、星をつかさどる仏様に対して拝むのか、星と仏様の両方を拝むのか知識不足で疑問点がいっぱいです。

    ブログを拝読すると、陰陽なんかは星と同時に太陽も意識して祭祀を行うんですかね?
    星供養≒太陽の供養?

    施餓鬼と滅罪もままならないのに、知識不足というか、アレもこれもでは、仏様に失礼で星供養には参加できない気がして。
    気にはなるんですがね^_^

  8. jimi より:

    私の考えですが、星を神格化して拝む、神格化した星を拝む、そんな感じかと
    計都星であれば計都星という尊格として、お像のような形にして星としてではなく

    神仏として拝む その方が拝みやすいし、やはり星そのものより人の姿にする方がコンタクトしやすいというものもあったのでしょうな~ 今風の心理学的に言えば

    陰陽なんかの大規模な祭祀は残念ながら我が家は民間なのでわかりません~

    わが家は正直太陽って重要視はしてない気が 祭文なんかではでてきても、
    太陽をのものを日天やアマテラスさま~のようにお祭りはしてなかったです

    どっちかというとやはり北辰信仰なんだと思います 北斗七星の周りを~みたいな

    ちなみに方位は自分が動かなければ犯さないけど、星って自分が動かなくても回ってくるので星の方が怖いと言います 星と時間(暦)はセットでやってくるじゃないですか

    なので陰陽道のお仕事って天文と暦だったと思うのです

  9. 匿名 より:

    人長舞で多氏だけの「手」がありますから。
    他の人には教えないそうですよ。

    東遊も舞の手見てて面白いんですよ、
    4人の舞人が右回りと左回りを2回ずつ。
    舞というより何かの所作に見えてしまいました。
    毎年8/1に大宮氷川神社で勅使をお迎えしてのお祭りがあります、
    そこで覗き込むような感じになりますが、東遊の奉納が
    あるので見ることができます。