読者登録お願いします
スポンサーリンク

ジョンレノン=太宰治説

良い編集者は東京から100キロにいる 

という言葉が出版業界にはありまして 

確か糸井重里さんの言葉だったと思いますが

これって電波は東京と同じだけど生活は

東京とは全く違う2重生活圏

だからということらしく

私がこれ聞いたときに思ったのが 

東京(特に80年代までの原宿なんかのカルチャー)

って東京にあこがれてた人の強い思い入れで

作られた文化!!って

例えば川崎や浦和なんかだと 

東京ってそれこそ下校で遊ぶ街じゃん~

ですが

前橋とかだと月一回 

もしくは頑張って毎週末行く街で

服や音楽だって地元になくわざわざ

渋谷や原宿で買って帰る

そうすると当時のとがった流行の

ファッションを地元ですれば

優越感もひとしお 

しかも都内の方より過剰なファッション!!

そういう東京に強いあこがれを持った

人たちが東京に出て

無理してでも原宿なんかに住んで

強い思い入れで文化を発信していく

という感じだったんだなと 

それって糸井さん自身もそうだけど 

最初の事務所

わざわざ原宿糸井~って 

原宿を頭につけたくらいでして

今だと地方都市のマルイなんかでも

同じような品ぞろえで

かつネットで何でも買えちゃうから

昔ほどの過剰な思いって

そこまでは~

スポンサーリンク

 

逆に今の若者って地元愛結構すごいもんね

さて話変わりますが 

太宰さん、中期は案外嫌いじゃないぞと

右でも左でもなく大きくとらえれば反戦で

自分で決められるのは恋愛だけ~って

思ってたり

そりゃあ自殺するだろ!!って

ちょっとだけ 

ジョンレノンに通じる何かを感じたりなのです

常に死の匂いのするジョン!!みたいな

ま、この説誰一人そうだよね~と

言ってくれないのですが 

ただジョンにはオノヨーコという女性が現れ、

良くも悪くもその後の人生すべてに

影響を与え、

ジョンの死後も、ジョンのメッセージを

伝え続けた 

ファンにとっては複雑ですが、

ジョンにとってはこの上なく

幸せなことなのでしょう

スポンサーリンク