読者登録お願いします
スポンサーリンク

温泉宿で落ち武者に

以前丹沢の温泉に泊まってきました。

近いし箱根より静かだしいいじゃんって。


ただお食事の写真にあった岩魚か何かの焼き魚が

サーモンに変わったのがあれですが。


変更もありと書いてあったけど一番の楽しみは

岩魚やアユの塩焼きなんです。


温泉では(露天は当然ですが)。

山でサーモンなんか期待しないです 誰も

で山の温泉に行くと必ず霊症に悩まされ朝身体中いたく

ぐったりなんですが。


今回も。

ほら、霊符は一緒に行った人に貸すから

ブレスのみになっちゃうんです。


のでつれは朝すっきりで憎らしい。

スポンサーリンク

河沿いにあってその河昔たけだ信玄と北条さんの激戦地域で。

夕飯前ボーっとかわっぺりでただずんでて。
で部屋に戻ると、あそこの窓から絶対来るなって。

確信が。

で11時ころ電気消して寝てるとすぐに気配が。

河をよじ登って宿の壁をよじ登って来るんです。

落ち武者が。何体も。

で枕元で上から見下ろして首筋をきり付けて来る訳。

されるがままで。

朝起きたら首筋ひどいみみずばれ。というか腫れまくり。
もう困る。

その後どこ行くのかなってリーディングすると

下の階にあった武田信玄の鎧のレプリカのとこに集まってました。

もしかして武田方の落ち武者?
おかしい。

大抵山の中の旅館って近くで死んだ霊とか物の怪とかに

夜悩まされるけどここまでのははじめてで。
71115cd5-s

ちなみにお顔はプライバシー保護のために ぼかし

多分なべやかんです

首真っ赤だもん。案外。

これ首ちょんぱされた感じなんですかね~
で朝首いたいし、体中痛くて熱はでるはでもう大変なんです。(((( ;゚д゚)))
(最近覚えた無理やりの顔文字)
帰路で丹沢湖によって写真をパシャリ。
中央何か写ると思ったが写ってません。006

祈りをその辺りに感じたんです。仏教系の供養を。
ダム作ったときに亡くなった方達の供養の波動といいますか
凄く届いてて鎮まってますね。

で普段使ってるわたし様のブレスもチャージで。
太陽の光と自然の気を凄くチャージでメッチャ元気になってます。

帰宅なんですが、やっぱ湘南いいですねえ。

気が明るくて開放的。
山も凄いすきですがやはり開放の逆ですね。

で家帰ったらスッと霊症が取れて。熱も下がり体も楽に。

ちなみにその写真撮った直後に体が楽に。
白い横線あるでしょ?

温泉は大好きで(秘湯が特に)日本秘湯を守る会の

スタンプ集めてるくらいだけど、
山の秘湯はほんとしんどいですね。

平家の落ち宿の湯西川行ったときも結構来てですね。

それもまた温泉編で書きますね

と昨日今日ではなく過去記事です 旧ブログの はい

さすがにそうそう温泉ばかりも行ってられないのです

コメント

  1. 猫のチャイ より:

    サーモンという名のマスなことも多いです、山の中の宿では。
    泡の湯だと確か、信州サーモンという名で近場の鱒(養殖かな)のお刺身が出てきます。
    岩魚も美味しいですが、養殖のマスの脂の乗りが、イマドキの若者にウケがいいのかもしれません。
    色もバエるし。(笑)
    落武者って、信仰の対象が神仏でなくお館さまだから、成仏の仕方を知らないのでしょうね、かわいそうです。
    でも殿様は戦勝祈願とかで神仏の存在を知ってるから、案外さっさと成仏してるのかもしれませんね。なんか理不尽だー。

  2. 夜風 より:

    旅先で泊まるお宿、長年人を泊め続けるとまあ色々あると思います。

    私の経験その一
    飛騨高山で泊まったお宿。そんなに高級ではなく、社員割引のような感じで泊まった記憶が。
    つれ(夫)が言うには、「甲冑姿の武者が歩き回っていて何だか怖いし落ち着かない」だそうで、私には何も分かりませんでした。2泊もしたからつれは辛かったかも。

    その二
    伊豆のこじんまりとしたお宿。
    夜、私はうなされました。薬を大量に飲むお二人の姿が夢の中で見えていました。この部屋でかどうかは不明ですが、このお宿の記憶かなと思います。もうここには泊まれないな。

    その三
    北海道のいわゆる、にしん御殿と言われた、にしんで大儲けして建てらた大きな家がその子孫によって宿泊施設となっていたところ。
    ご先祖様の写真が飾られた大きな部屋で食事をしていたときから、つれはたくさんの昔の漁師の方々に話しかけられて、楽しく酒食を楽しんでいたようで。
    方言プラス昔の言葉で話すので、何を言ってるのか少ししか分からない、けど、「あんた、俺らが分かるの?嬉しいな歓待しちゃうよ」という感じだったよう。
    私にはまるで分かりませんでしたが、夜離れで(こちらは建て増したアパートのような宿泊施設)散々な目に合いました。
    眠ると何だか分からない存在たちに囲まれて怖くてうなされました。金縛りにもなったかも。冷や汗だらだらで、朝起きたとき疲れきっていました。
    つれの方は、夜中も楽しく宴会だったようで。「漁師たちがお女郎さんみたいな人を、どうぞみたいに連れてきたけどさすがにね…」とかにやけていました。

  3. 読者 より:

    猫(=^_^=)のチャイさんのコメントにありました落武者は信仰の対象が神仏様ではなく舘様には なるほど~と。
    だから成仏しにくいにも納得です。
    落武者がたくさん居る場所に住んでしまって影響受けたらキツいですね。
    神様の御札祀りこんでもダメ
    土地のお祓いお清め云々も効果ないのでしょうね。
    この事情を知らない霊能者さんやスピ先生多かったりですね。
    落武者さんときちんと会話出来る人でないと相手も心開かずなのでしょうか?

    興味深いお話しです。

  4. 読者 より:

    もしかして中川温泉かとおもっちゃいました(∵)