読者登録お願いします
スポンサーリンク

横浜黄金町の怪異

さて横浜の黄金町。

あのあたりの匂いって名古屋の烏森や黄金ににてる。

スポンサーリンク

昼間でも夕暮れみたいな暗さで。

湿度たかしといいますか。

いかがわしいというか。
で烏森のあるとこを通ると実はよくかごめ唄が聞こえておかっぱの女のこの霊が
ぽつんと立ってるんです。空襲で亡くなったぽいんだけどね。

横浜の黄金辺りの空気実は惹かれるんです。

なんかなつかしの中村遊郭のような
遊郭だったり黄金だったりあの空気ってなつかしくもあり未だ好きですね。

遊郭跡とか結構行きますし。

ま、大抵霊に憑かれて苦しむんだけど。
名古屋も東と西は空気全く違ってって。
古きいかがわしいにおいは西なの。

横浜来て最初にあ、名古屋ぽいと感じたんだけど。やっぱ黄金辺りの匂いだったんです。
昭和30から40年代の夜のにおいといいますか。

鎌倉は京都とはまた違った匂いで。どっちも凄い霊の香りがしますが。
京は血のにおいよりも物の怪と呪術的な霊の匂い。

妖怪ぼっこ(という表現?)というか。
政治的に追い落として殺しちゃうという感じ。

鎌倉はもうそのまま血を流した霊というかスパッと武士の殺され方って感じ。
見た目が血だらけで怖い。

京は恨みを残し人の形をしてなかったりでまた面白いってかんじ。

血を流してる霊はそれこそ維新の頃の新しい霊ですな。蛤御門のとこに、
未だ立ってる霊がいたりもですし

まだそこにいるのかなって思い出したりね。

肉離れは強烈に痛いですね。霊症は気をつけましょ

やはり京という街自体の強力な記憶は

平安期と幕末維新なんでしょうね

平安期はある意味京都という街を生命体としてみると

幸せな記憶で

幕末は激動でしんどい時代

ですがどこかで生き生きともしてる感もある

血が流れたり街が破壊されて嫌な反面血も騒ぐといいますか

そんな感じで

平安期は宮中文化の華やかさと同時に京都独特の

追い落としたりはめたりということに対する喜びといいますか

いまでもお金持ちの性格の悪い奥様が嫌味とか言って悦ぶ的な感覚といいますか

そ~んな感覚もありますな

すいません 京都の方 はははっと

スポンサーリンク

コメント

  1. 夜風 より:

    おはようございます。

    霊感強い(見たくないような霊ばかり見てしまう)知り合いは、鎌倉には近寄れないと言ってました。オドロオドロシイものばかり見えてしまうとのこと。

    実際どうなのかは分かりませんが、私は鎌倉に行っても大丈夫です。名古屋の街中はダメと最近発覚。行ったことが今まで無かったので分からなかったのです。背中が意味不明に痛くなって辛いこと辛いこと。
    京都は場所によって…という気がします。

    黄金町も多分大丈夫。そう言えば、私が10代~20代前半の頃、伊勢崎町で浜のメリーさんを時々お見かけしました。今はない森永ラブというファーストフードの店に座っていたり、町をキャスターつきの荷物を引きながら歩いていたり。白塗りのお顔で、異様な感じでしたが、当時から名物の存在だったような。

  2. 匿名 より:

    白塗りメリーさんは誰もが振り向くほど目立っていらっしゃいました。
    懐かしいな~
    メリーさんのメイクはご自身のポリシーの表現なのでしょうね。

  3. 猫のチャイ より:

    中島らもの『白いメリーさん』は、もしかしてその方から?

    • 夜風 より:

      元ネタとなっているようですね。

      • 猫のチャイ より:

        やはりそうだったのですかー!関西在住のため、「メリーさん」に実在モデルがいらっしゃるとは知りませんでした。

        ちなみに大阪の天王寺駅には昔、ギャルばばあと呼ばれている人がいました。後ろ姿は、スラリとした足がのぞくミニスカ長髪のギャルですが、前に回ると…てな人です。

        ジミヘンさんの、遊郭の妖しの雰囲気漂うお話を読むと、五社英雄の映画の空気感を思い出します。

  4. jimi より:

    横浜メリーさんは横浜のアイコンですから 私も何度かお見掛けしてますし

    実はメリーさんの本も読むくらいのメリーフリーク!!(伍代さんの舞台はみに行きませんが)
    伊勢崎~黄金町と言えばゆずではなくメリー!!

  5. jimi より:

    あら、名古屋で 西区や中村区あたりは確かに未だにやべ~なと感じますが

    セレブな東の方はそこまででもかも(てか計画都市で趣がない街なので)

    名古屋の西の方って京都のように寺社で鬼門守ったり霊を抑えたりという感覚が
    じつはまったくないまちなんですな~ ははは

  6. jimi より:

    天王寺は変わった方多そう~ 憂歌団の木村さんも生息してそう!!
    ちなみに川崎のチッタ周辺ではピンクのロリータファッションなかなり年配のおっさん
    通称ピンキーがいます(私が勝手に呼んでるだけ) まだいますかね??

  7. れすぽうる より:

    憂歌団と言えば、内田勘太郎さんはブルースの名手!
    むかーし、ゴンチチと勘太郎さんのセッションをテレビで演ってまして、上手いなーと感心してました。ボトル奏法も演ってて上手かったなぁ。

    憂歌団はパチンコ、パチンコ〜♪しか知らんけど(笑)。

  8. jimi より:

    勘太郎さんはやばいっすよね~ 以前あこがれて同じちゃきのギター買いたいなーと思うほどで当然ボトルネックは勘太郎さんと同じカルピスの瓶を割って削って使ってます!!
    (は嘘ぴょ~ん)

    ブルースっちゅうよりかなりジャズブルース寄りっすよね
    石田の石やんほどジャズ色は強くないっすけど

    お二人とも超絶~