読者登録お願いします
スポンサーリンク

大事な大事な呪術のコツ

さて呪術のコツですが

以前武術なんかの秘伝で水鳥のような足運びでとかって書いたじゃん。
それは後の方がそれを受け取れるセンスがないと分からん、継げないって。

ま、どこをどう意識すればいいかって事で。

それこそ呪術の動作や型をするまえにそれを意識した時点で自分の中の世界では
それが成立しちゃうというか。

そうしたらね、その成立したものをこっちの世界に再現すればいいだけの話なわけ。

スポンサーリンク

上手くいえないが自分の中で先に成立させちゃうって感覚ね。

ほら、以前書いた携帯をってのもなんか自分の中で成立しちゃってるから、あ、出きるぞって
感覚なの。

そうするとね、軽いものだったら自分の霊症だったり、たとえば対面された方なんかも
その場で何も動作もせずにさくっといけるわけ。
あははははって馬鹿話しながら。

そのコツはね、体のある部分に意識を持っていってそこにあることを思い描くの。
大事なのはいかに意識を濃く思い描けるかで。

で術の動作やらはその世界をこっちの世界に形作る(描く)物だったりもなのです。

そのあたりはね、そこの家だったり流派?(って陰陽でそんなあるの?、だって基本呪術って
弟子やらとったらその人が成長して裏ぎったら命取りになるかもなので家系でしかおしえないじゃん、普通)。

によって違ったりで。ある家なんかは指の関節の一つ一つに意識を持ってくとそれに
相応したものの身固めが出来たり(鬼やら)とかあったりで。

前も書いたかもですが 音楽もスポーツも呪術も技術ってのはね、
思い描いたもの(プレー)や浮かんだものを現実に映すものなの。

そこ知っとくと術って上手になります。どっちがたりないかを俯瞰して
精進に励むのです。

料理だったら素材が悪いのか(センスや思い描く内容)料理する腕が悪いのかってね

それが客観視できなきゃ上手くなるはずないです。
ただひたすら瞑想したり瀧に打たれてるだけじゃね。

それするなら何のためとか目的とか明確にしとかないと

ま、私の場合はですね

頭の中のイメージというか世界をそのまま映しこむというか そんなイメージですな

例えばなんかの話聞いたりなんか見たりして

あ、これってこうすると使えるなと思うでしょ?

ま、その時点である意味完成 はははっと

あくまで意識の世界の上でのお話ですが そういう感じなのです

頭の中でその世界が出来上がるのでそれをあとはものに落とし込む

そんな感じなのです

あとは頭の中の世界を3次元なのか4次元なのか 方位なのか星なのか

はたまたもっとほかの存在なのか(眷属的なものから様々)

そ~んな感じでです よくわからんと思いますがそういうもの

スポンサーリンク

コメント

  1. 猫のチャイ より:

    正直に書きます。
    分かりません!(涙)

    「“百獣の王”の武井壮さんの凄いところは、イメージするフォームを正しく体現出来るところだ」と、ある人が書いてたのですが。
    ひょっとしたら武井壮さんなら、ジミヘンさんの術の世界でも技を正しく体得出来るのかもと、記事を読んでて思いました。あの人、筋肉バカに見えて実は進学校卒ですし。

  2. あー坊 より:

    視覚情報(それ以外でも受け取った感覚も、ですけど)を体感に落とし込む感じ…ですかね。

    最近、舞のお稽古でお師匠様のお手本の動きで、線というか糸というか…動きが繋がってるのが見えるような気がしてきまして。そのイメージをなぞるようにすると身体がスッと動く時がありまして。
    頭で考えるより、ひたすら見る、全体を見て身体で覚えようとし始めたら、なんとなく…というところですが。来年はもっと精進できるようにしたいです。

  3. jimi より:

    武井さん発想凄いすよね~ まずは自分の思ってる動きと実際の動きからすり合わせですもんね
    手を平行にあげてるつもりでも実際は並行ではないからまずは鏡みてひたすら平行に~という開発のまえに自分の思う通りの身体操作できる感覚作りから始めたと言いますよね

    それっていわゆる日本の伝統的な武術の型の発送ですよね
    それ読んだときマジ凄いと思いましした 同じような発想って落合さんなんかも何ですよね~

    天才でしょう

  4. jimi より:

    視覚情報以前にまずはイメージと実際の動きのギャップの穴埋めからですな~

    2年ほどコロナの影響で修験行ってないので身体意識落ちたな~と思い
    実は夜中近所の山を歩いてますが

    真っ暗な山を歩くって視覚もですが、全身で注意しないとつまずいたり危ないじゃないっすか~

    感覚研ぎ澄まされますよ~ おすすめはしませんが

  5. ruke より:

    武道つながりで,
    剣道で対戦相手の全身まとめてフワッとみている時や,自分の背中側をみようとする時に,
    額と言いますか鉢巻を巻く位置ぐるっと一周全体からみて?いる感覚があり,眠い時など同じ位置へ意識を集めると意識がクリアになる感覚なのですが,
    どなたか同じ様な体感をご存知の方いらっしゃいませんか?

  6. jimi より:

    おおお、それはゾーンに入った感覚というやつでしょうか??

    達人なんかは1点を見ながら全体をぼーっと見る云々という方もいますし

    視線の使い方って様々ですが 

    • ruke より:

      “ゾーン”?検索してみましたが,趣味の読書や手工芸に熱中している時の方がゾーンの感じですので少し違うっぽいです.
      そちらと比べるとコチラは半ゾーン位の集中度で,周囲は逆に通常よりもクッキリみえている感じです.

      視線の先はあまり意識しておらず,頭の中の方を切り替えているイメージでしょうか.
      普段は眼球の高さの位置で世界を認識してるとすれば,
      半ゾーンの時は鉢巻の高さの位置で世界を認識して(みて?)いるという体感です.

      • 猫のチャイ より:

        あ、第三の眼からの景色ですね?それ。
        いいなあ、第三の眼が開いてる人。

        • ruke より:

          コレそうなんですかね?
          ちょっと意識がシュッとするだけで景色自体は通常視界と何も違わないですし,
          剣道の方も特に勝負強いこともなく,中学の3年間やって初段のヘッポコぶりでした.

          • 猫のチャイ より:

            通常の視界とさほど変わらないそうですよ。
            ただ、第三の眼が機能している時は、陽射しを浴びて目をつぶっても「まぶしい!」と感じるそうです。
            目をつぶってても眩しいから避けようがなくて、後ろ向くしかないそうです。(笑)

  7. jimi より:

    私の場合は回峰行のように拝むということが目的ではなく
    夜中の山に入って怪を楽しむですから ははは

    ただ回峰行や修験ってそういう感覚の身体意識の開発という目的に
    拝むという宗教的儀式を組み入れたんじゃないっすかね~

    多分初期の頃は神仏を拝むのは神仏のためよりも
    山の中でおっかない怪異や危険なこと似合わないようにという護身の意味合いで
    祈ってた気がします

  8. jimi より:

    いわゆる半眼で霊視してる感覚ですかね??

    • ruke より:

      ちょっと意識がクッキリする位で,ソレらしいものが視えたことは一回も無く,
      視界としては通常通りですので,霊視かは不明ですが,
      視界の端にマツゲがみえているので,半眼っぽくはなってるかもしれません.

      この意識をすると,軽い眠気とパニックは即おさまって便利なので,メインの使い方はソレですね.次点で,
      ジミヘンさんが投稿されていた様な,視界や足場が悪い道を行く時につかう感じです.

  9. jimi より:

    武術なんかだと一点を見ながらぼーっと全体を見るという目の使い方しますよね

    そうすると相手の全体が見えて初動が見えるみたいな
    第三の目うんぬんも能力というよりも使い方次第なんじゃないかと思うのです

    ひらく云々ではなく開くような使い方と言いますか

  10. ruke より:

    jimiさま 猫のチャイさま
    貴重なお話をありがとうございます.

    年始には出遅れてしまいましたが,
    本日寒の入りにて,
    寒中御見舞い申し上げます.

    ☆皆様の2022年が健やかで実り多いものとなります様に☆

  11. jimi より:

    人生で実り多き年ってただの一度もないので
    今年こそは相内アナを嫁にもらって実り多き年にしたいと思ってます!!

    結婚の祝電は皆様不要です~