読者登録お願いします
スポンサーリンク

鬱は体を動かせYO

さてちょっと興味深いレポです

ジミヘンさん
こんにちは、いつも記事拝見しています。
2年位前に病気用ブレスを組んでいただいた者です。
スポンサーリンク

鬱で寝て起きての繰り返しだったのですが、かなり回復し減薬まで到りました。

それにブレスを作っていただいた以降、旦那だけにモテるようになりました(笑)
なんとなくブレスが切れると、旦那からの愛も切れてしまうな気がします。
そんなわけで、今は外して水晶と一緒にいてもらっています。
昨日ブレスを磨いたら、だいぶプリプリの状態に戻りました。
普通の人と表情も変わらないくらい戻ってきてうれしくてご報告です。
ありがとうございました。
鬱なのですが 正直というかメカニズムというものが分からないので
術的に云々 こんなイメージを~という感じでは組み入れてないのです
例えば他の癌であったりの場合は ガン細胞が消えていって体の免疫や体力が戻っていけば
なんとなく良くなるイメージはあるじゃないですか
鬱なんかの場合は例えば職場が主な原因としても
仕事が激務なのか人間関係がなのか どちらの影響で発症しやすいとか
多分そういう場合は両方でしょうし そこまでストレスがかかっていない場合の発祥だとしたら元から因子自体を持っていたのか
もしくは因子は外的で入り込んだのかとかよくわからんのです
例えば鬱が快方に向かう場合も 鬱という因子自体が弱くなるのか
もしくは体や心の耐性が上がっていって快方に向かうほうが良いのかなんかも
実はさっぱりわからない
そういう場合ってもう人間の考えることなんかしょせん知れてるのですべて
神さまや仏様にお任せ状態なんすよね~
取りあえず憑依やらそういう霊的な外的要因の影響はなるたけ避けれるような
組み方というか術はしますが
ただ私が勝手に思ってるのは
因子を根本治療って凄く時間もかかりそうだな~
だったら耐性をあげていくほうが効率よい気がするな~と
心の耐性というのは多分すぐには上がんない気がするのです
例えば瞑想したり心理療法なんかも じっくりと向かい合って~と
私いつも言うように心の問題は体からのアプローチが一番効率いいかな~と思ったり
体動かして少しずつ体力つけていくと
結構心の耐性も上がっていく
身体なんかそれこそ2週間くらいで効果って感じ始めるじゃん
なんか最近体力ついた~とか
3か月もすると体つき変わってきたかも?って
な~んかそういうのも凄く大事な気がします
例えば心療内科なんかやカウンセラーなんかもですね
実はジムのインストラクターや
格闘技や武道の先生なんかとコラボしながら治療にあたっていくと
結構な効果あげる気がしてるのです
カウンセリングしてサーフィンやキックボクシングのジムなんか同時に通って
その結果や体調の変化をカウンセリングにフィードバックして
その心理面の進歩なんか様子を見ながらまたジムなんかのトレーニング方法なんか見直して
またフィードバック
そういった治療って結構ありなんじゃないっすかね?
帯津先生が癌治療で気功なんかを取り入れてますが
あれをもっと身体的動作をダイナミックなものを取り入れて
それの爽快感と体力アップで免疫あげて
そんな感じな治療って効果上がりそう
たとえば箱庭療法やそういった行動療法よりも
身体的ダイナミズムを組み合わせたほうが絶対によさげ
ついでに自宅や閉ざされた空間(治療室やr)ではなくジムのように
開かれた空間であればそこで人間関係というのも構築されて
普段のうつうつとした状態ではなく身体を動かして精神的にもハイであったり
開かれた状態での対人関係って良い効果を生む気がします
スポンサーリンク