読者登録お願いします
スポンサーリンク

人間大事なのは社会とのつながり

さて先日ご先祖様にお経お上げしてたら亡くなった叔父が現れたのです

ちなみにその前日は母方の祖母が母の夢に現れなんか言いたげだったそうで

おばあさん何が言いたかったんだろうね~と電話があったので

スポンサーリンク

そりゃあそろそろ墓参りに来てくれ!!に決まってるわ!!

いつものように牡丹餅持って行けよと伝えておきました

さてそのおじですが以前も書きましたが青年期に事故にあってそのご下半身不随で

車いす生活になった方でした

な~に言うのかな~と思っていたらですね

障害があっても人間その代わりの機能というものが備わってるから

諦めてはいかんよ

補える能力というのが必ず備わっている

希望はなくしちゃいかん

絶望してもいいけどすぐに希望の光を探しに行かないとあかんよ

そんなことを言ってました

たしかに障害を持ったお子さん、はたまたご自身が障害を持っていたりすると

やはり我々健常者にはわからない辛さってあると思うのです

でですね 思ったことがありまして

補える能力といいますと 普通は手が動かないなら手の代わりになるもの

例えば足であったりそういう肉体面での能力だけと思うじゃないですか

じつはそれだけの話じゃないなと思ったのです

障害でなく寝たきりのお年寄りなんかの場合を例にすると

野生でいえばその時点で死じゃないですか?

ただ人間社会って介護してもらったりで生きてるじゃないですか

これって自分が動けなくてもお世話をしてもらえる補える能力

お子さんに障害があったとして 親御さんがその子のために必死で生きるすべを

見つけようとするのだって補える能力

それら全部ひっくるめて実は補える能力なんです

そう考えたら人間って社会生活、社会との接点さえ持っている限り

障害を補える能力って持っている

希望の光はそこにあると思うのです

人間って生まれ持って善か悪かはわかりませんが

少なくとも善の部分は多少は持ってる

困った人がいたら実際助けるかどうかは別問題ですが

助けたいなとは思う そこまで思わなくても可哀そうだな~くらいは思う

電車に乗ってって見るからに弱ってるお年寄り見たら席かわる

かりに変わんなくても

席を変わらない自分がな~んかどっかで後ろめたい気分になる

それって共通の意識だと思うのです

そう考えると社会との接点がある限り どっかで誰かが補ってくれる可能性は

高いと思う

わたしですら障害のある方が身近にいたら大したことは出来ないけど

すこしはお役に立てたらと思いますから

そう考えると親御さんの大事なことの一つって

いかに子供と社会との接点を持たせるかなのかもしれない

それが実は大きな可能性や希望に変わるのかもしれないな~と思ったりします

ま、いうのはかんたんなんですが

スポンサーリンク

コメント

  1. 猫のチャイ より:

    補える能力として身内がカウントされるのは頭では理解していますが、やはりそこは綺麗事だけではいきませんのでねぇ…。
    昔、白杖を手にした方が自分の荷物を入れたであろうコインロッカーを、点字をたよりにロッカー番号をひとつずつ指で確認されているのを見かけて、そっこーで声かけて目的のロッカーの位置を教えて差し上げたことはあります。
    それくらいはやって当たり前なのですが、将来のことまで背負って補う立場のほうはやはり、しんどいなーと。

  2. えみ より:

    小さなつながりでも接点を持つことがとても大事なことだと思います
    色んな可能性があるかもしれないですしね!
    本当に仰る通りです~(^^)

  3. jimi より:

    人間出来る範囲とできない範囲がありますからね~

    まずは共倒れにならない程度でできることからコツコツとですな
    ボランティアでも、滅私奉公的に無理しちゃうと自分がしんどくなるし

    周りに当たり散らしちゃいますから

  4. jimi より:

    人間、やはりつながりがなくなると病みます!!免疫だってダダ下がり

    我々貧乏人は将来もやばいじゃないっすか~
    なのでそういう将来の孤独な貧乏老人まっしぐら人種は

    まじで孤独になるとまずいっすよ~!!

    皆さんも老後、ぼらんてぁでも老人クラブでもなんでもえええから参加しとけよ~
    と思います

    男が会社定年してどっと老けたりくたびれた爺さんになるのって
    社会との接点失うからでしょうな~

  5. えみ より:

    ほんとにそうですよね~
    すべての孤独は解消せずとも社会との接点を持つ方が良いな~と思います
    小さなうちから伝えてあげたいですね!
    大事な視点だと思います(^^)

  6. momo より:

    老若男女問わず
    独居生活でも 社会とのつながりはとても重要な事ですね。

    ご近所さん方とは笑顔で挨拶はかかさないとか 地域で開催されているコミュニティに参加して顔馴染みさん作るとか

    わたしは40代ですが
    地域の公民館のレディース将棋クラブ(会費300円)に在籍してます。
    週1ですが仕事が休みの日に気が向いたら行く程度ですが 持ち寄った茶菓子食べながら将棋をうつ。
    ライン交換して友達作りもあり。

    講師の方は ボランティアの70歳半ばくらいの優しいおじいちゃま2名
    (自分達よりも若~い女性達に囲まれて幸せそう笑)
    こんどみんなで出掛けましょうよ~の話しが出たり。
    地域の公民館ですが
    英語クラブ 太極拳クラブも結構な人数
    囲碁 フラダンス 写真 絵画 料理 いろいろありますね。
    カルチャーセンターは月謝が高いけど
    都や市町村で開催されているコミュニティセンターは安いし 気楽です。

    春の桜の時期はウォーキングツアー(遠足)とか開催予定。 60代~70代多いかな?
    行ってみようかな~

  7. jimi より:

    囲碁や将棋はアリですよ~ 年配の方や、囲碁なんかは、社会的な地位があって
    引退した方なんかが講師って多いじゃないですか

    囲碁や将棋がうまくなる以上にその方たちの経験なんかを聞けるってどえらい
    財産になりますもんね~

    ちなみに私のモットーは年寄の輪の中に積極的に入っていくです
    同世代では学べんことって山ほどありますからね~

  8. momo より:

    失業していた頃
    気分転倒に将棋クラブに入り
    仲良くなった方から仕事を紹介していただきました。
    ラッキーでした。
    感謝感謝の感激でした!

    外に気持ちを向けて行動するって大事ですね。

  9. jimi より:

    クッキングパパのパチンコばっかやってたニートなスウちゃんが
    パチンコ仲間の爺ちゃんたちから紹介されて

    新聞社に就職~という現代のシンデレラストーリーと同じですな!!
    失業したら是非パチンコへ!!(当然人生坂道下り続けマッスル)

    将棋や囲碁と言ったIQ高めなお年寄りはコネや人脈もありそうっすもんね~

  10. momo より:

    確かにIQ高めのご年配の方達と話していると 元教師ですか?と聞いてしまうくらい知識豊富な方や 知的なジョーク連発で 日本の宝みたいな方達いらっしゃいますね。

    スマホもパソコンもスイスイ滑らかに操作するし そこらの若者には負けないぞ~みたいな。

    いろんな情報たくさん持ってる方が居たり
    将棋や囲碁クラブは宝の山かもです(^_^)V

  11. jimi より:

    囲碁将棋に限らず、社会的責任を持ってた年寄りは宝の山です

    ただ上手に接しないと面倒な方も多いですが ははは

    その辺りはちゃっかりとできる器量が必要です 何事も器量が大事!!