読者登録お願いします
スポンサーリンク

未来は有限、わが社も有限(本当は合同)

私の中の感覚だと何度も書いてるが運命はRPG説がありまして

未来は不確定で凄く自由度があるように見えて実は何百パターンもゴールはすでにあって
そのつどそのつどの選択によって全く変わっていくって。

自由なようで実はねって。無限のようなパターンがあるって感じ。

スポンサーリンク

同じ選択をしてもそれまでの経験値やらでまた先は変わっているって感じ

RPGってやったことないのでRPGの認識は適当ですが

ははは

でですね 前世というものがあるとしましたら(ま、当然私はある派です)

ゲームのスタート時点の装備やステージも実は前世なんかで

ある程度決まってくるといいますか

前やったゲームのクリア度によってどのステージから始まるかも

変わってくる

もしかして今回の設定がめっちゃ厳しい場合は ゲームをクリアしちゃってたりマスタークラスで普通では物足りん

そういうのもあるかもですし

勇気とか戦闘値の変わりに実はこの世のRPGでは徳分だったりお金だったりはたまた愛情だったりが結構ポイントで。

人生のRPGを上手にクリアするための基本的なマニュアルが実は道徳であったり徳分みたいな

ということは

どんなゲームで今どんな武器を持ってるというのをきちんと認識することがまず重要課題

裸足でアルプスに挑んだら死んじゃいますからね

成長度のマックスというのが運命の領域で

その先 これ以上武器も能力も上がらない先の領域が

宿命の領域

ついでに言うとゲームで設定されてる世界が運命で

されてない世界が宿命

もっ自由度が少なかったり経験値が少ない場合は

ゲームでは設定されてるけど今回のあんたの経験値で行けるのは

ステージ2ね その行けるとこが運命で行けないとこが宿命

さて占いは?というとですね

その経験値や武器のマックスがどれくらいか、

どのステージまでがマックスか?それを見るのが占い

ついでにいうと 巷の占い師さんってあんたこの武器持てるよ

で終わりますが

私の考える良い占い師さんって

どの武器までを上限でもててその武器持つにはどう動けばよい

どのステージまでが上限かをはかれる方で

さてそのゲーマーにとって次のステージを目指すべきか

もしくはそこまで目指さずに今のステージを楽しむべきか

それをするにはどうすればいいかを提言できるのが

良い占い師かな~

当てる外れたの当てものから脱出して 生き方までアドバイスといいますか

ちなみに運命の範囲内でより良い運命に改善というのが占いや呪術で

その範囲を超えて宿命の領域までとなると魔術になりまして

多分それをしちゃうとかなりの代償が来るのでしょ

私の感覚だとこの世にある物はあの世の写し鏡と思ってるので。

スポンサーリンク

コメント

  1. サリー より:

    呪術ではありませんが
    今日のタイトルから話しはそれますが

    天部様やお稲荷様など神仏様の個性によっては いろいろお願いして叶ったけど代償がってありますかね。

    願い事叶ったけど御礼参りしなかった!
    お供え物しなかった!
    中途半端に祀り きちんとお世話せず災いがとか。

    京都伏見稲荷様や 摩利支天様に何度かお詣りに行ったことありますが あえて願掛けとかしてませんが不思議と悩んでいる事に対して すぐ 参拝したその日とかに何らかの動きがあるのでこれには何度か驚かされました。もちろんお酒とか御礼参りには行きました。

    ただすぐ結果が出るのが逆に怖くも感じたりします。
    じゃあ行くなと言われればそれまでですが
    ご縁があって京都伏見稲荷さんには神恩感謝という参拝はかかせないのです。

    ただ欲得絡んだお願い事はしないようにしてますがやはり悩んでいる事は神様に見透かされていると感じました。(会社での人間関係に悩んでいました)

    人生の中に神仏様への信仰心を取り入れた生き方とそうじゃない生き方があったとしたら前者の方が行きやすいかなと気もします。

    信仰は自由なので持っていても居なくてもどちらでも構わないと思いますが
    もしかしたら信仰心というものが時として強力な武器になる事だってあり得ると思うのです。
    勝てないはずだったのが逆転しステージアップとか。

    神仏様の力を武器に例えるのは失礼なので見えないお力と言えば良いのでしょうか。

    読み返したら支離滅裂な文章になりすみません。春だから頭の中がねえ~

  2. jimi より:

    天部でいえば摩利支天が一番験は早いと言いますからね~ やっぱ狐よりイノシシのが
    早いのでしょ~(マジで)

    お願いをして叶ったら、やはりお礼参りやお礼の祈祷は必須ですよ~
    当然です

    一度叶ってお礼して、はいおしまいというのはね~ 現生利益って本来信仰の入り口なんすよね

    お願いがかなったということは、神仏様から縁を頂いたわけでして

    やはりその縁を大事に太くするのが大事だと思います

    神仏様がこっち来いよ~と手招きしてくれてるのに、いや、いいエス~と断っちゃうようなもんですからね

    断ったら縁が切れて、今後中々かなわなくなったり助けてくれなくなる可能性はあるかも
    天罰はなくても