読者登録お願いします
スポンサーリンク

山の怪異

さてわたしの数少ない東北人脈の中でかなり興味深いネタを持っている友人がいまして

実家が秋田の農家をされていて尚且つ爺さんだったか曾祖父さんだったかがマタギだったというなかなかのネタを持ってる男

スポンサーリンク

ちなみに妹さんはスキーのジャンプの選手かなんかで五輪か

何かの強化選手だったこともあったそうなのです

さて何が興味深いかというと秋田弁!!だべとか言うのかな〜

と思いながらいついうかいつ言うかとニヤニヤ〜

ではなく先祖から伝わってきた怪異の話やらその手のネタを

凄く持ってるということなのです

特に爺さんだか曾祖父さんのマタギ時代の話なんかはめっちゃ興味深い

やっぱ山には神様がいるんだな〜とまじで思っちゃいますもん

爺さん法螺吹きじゃなかったら!!

あとはですね いわゆる禁足地の話や神隠しの話なんかも話盛ってない❓というくらいドラマチック!!

ただ子供の神隠しなんかは実は間引きだったのですがさすがにそれは言えないけど村社会全体が本当は分かっているけどあえて触れない、

突っ込まないそんな感じ

さてめっちゃ興味持ったのが禁則地のお話なんですね

神社にもあれば山の中にもある

なんでか知らんけど昔から足を踏み入れてはいけない場所

なのですが昔からあえて禁則地に足を踏み入れる人間と言うのが一定数いて

その中のある一定数はその後精神に異常をきたしたというのです

ま、精神疾患にかかったという

今の現代医学的に言えばそこの場所には昔から何らかのウイルスを

もった生物がいてそれに刺されて脳をやられる~

そんな風に言われちゃうのでしょう

ま、昔の村なので狐憑きになった云々と言われるそうですが

そうすると修験行者やら拝みやらさんやらに突きものおとしお願いするのですが

禁則地の精神異常は何やっても治んないと言われてたそうです

これめっちゃ喰いつきました!!

うちの田舎なんかもそんな話伝わってまして

やはり山の中の禁則地に行って精神異常をきたすと

狐憑きやらそんな感じのつきものつきだ~ということになって

うちの先祖なんかも呼ばれるのですが

禁則地を犯しただろう場合って神の怒りを受けたので落とせないな~

そんな話伝わってますから

神には神の住処だかがあってそこは人間が侵してはいけない

其処に土足で踏み込めば当然神の怒りを買ってしまう

そんなこと伝わってますから はい

ま、ほかにもその秋田出身の友人のネタは興味深いものばかり

みんな子供のころからスキーのジャンプやってるとか

東京さ出てきたら民放局が沢山あってびっくり!!

みんな冬でもかんじきはいてね~べな~とびっくり云々

ま、後半は私が作ったネタですが

マタギのお話はめっちゃ興味深いのです

山の怪の宝庫!!しかも冬の雪山に入って行ったりなので

そりゃあ人外の化みたいなのみないわけないよな~と

E2554F0E-8108-4EB5-A6DD-808E1E722505

はい、お盆真っただ中の横浜みなとみらいです

まあ素敵なデートスポット

私めは大学以来の絶叫マシーン(世間的には全く絶叫ではない)

と言うのに乗ったところもう目が回ってゲロ~っと吐きそう!!

長年50キロ以上の体重差のヘビー級相手に戦ってきたつけで

(4点ポジションの膝蹴り、踏みつけ、サッカーボールキック可)

三半規管がやられてますな!!

もう二度と乗ることはないでしょう!!

観覧車でも酔うこと間違いなし!!

そういえば5年ほど前に行ったディズニーランド

なんか乗ったっけ?

コメント

  1. 未知 より:

    神事に関わる災いは
    首から上の病気などが多い聴いた事があります、

  2. jimi より:

    首から上 やはり神様だからですかね??

    ちなみに術やらその手のことしてる家系の業は
    肺に来ると感じます~

  3. 猫のチャイ より:

    東北や沖縄の離島の方言って、本州の真ん中からそんなに離れていない地域に住む者にとって本当に分からないのですが、沖縄の離島のかたと東北の方って、案外話が通じたりしないんだろうかと思ったりします。
    言葉の変遷は京や江戸を起点に放射状に線を引くことが出来るし、大陸が違っても、似たような住環境だと似たような形態進化を遂げている動植物も多いので、方言にもそんな規則性はないのかなーって。
    もう誰か調べてるんでしょうけど、私が知らないだけで。(笑)

    入っちゃいけない見ちゃいけないを破って精神に異常をきたす系、2ちゃんねるにはそういう怪談がごろごろですよね。何割かは実話だろうと思っています。

  4. とっくり より:

    わたしは東北のとある水産都市と呼ばれている街の出身ですが 30歳の時に沖縄に旅行に行ったとき 沖縄の言葉のイントネーションがわたしの出身の街とそっくりで驚きました。(?_?)
    ゆったりとした優しいイントネーション。
    沖縄のバスの運転手さんと話しをした時
    わたしは標準語ではなくあえて方言で話しをしましたが普通に通じましたよ笑

  5. 猫のチャイ より:

    やっぱりそういうことあるんですね!!
    薩摩と長州の言葉より、東北と沖縄の言葉のほうが近いって、面白いなぁと思います。
    私は秋田へ旅行した時、タクシーの運ちゃんに話しかけられて「…英語より分からん」と思ったことがあります。
    あ、分かってないなと気づいた運ちゃんはその後、標準語に近い言葉で話してくれました。(笑)