読者登録お願いします
スポンサーリンク

鵠沼松が岡をお散歩

用事があって以前住んでた松が岡のお屋敷辺りに今日は自転車で~

DSC_0146

お屋敷は結構減りましたがまだちょこちょこと

以前は鵠沼松が岡に住んでま~すというとお坊ちゃんと思われてましたが

単なるアパート住まいです

DSC_0147

河童を求めてもう一枚

残念ながら河童禿げ&鈴カステラ禿げしか見つけれず!!

さて本題ですが

先祖霊やら守護霊様、神仏様の働きってそういう感じなんでしょう

しょっちゅう素晴らしいことを起こしてくれます

愛人できました(50歳年下)、ジャンボ当たりました、そういう奇跡的なイベントよりも

普通の生活が送れてるということ去年が そういう働きなんじゃないかと

案外今の普通のドラマチックでもないしみったれた生活というのも

そういう方たちの絶妙な働きの上で成り立ってる

誰かお一人抜けるだけで結構バタバタッと崩れるような砂上のなんとか~

そんなもんなのかもしれないです 現実という世界は

我が家もダキニ様が不在となって何となくバランスが崩れてるのです

ぽっかりとそこだけ穴が空いて そのお働きだけ穴が空いてる感じ

だったらほかの神仏さんフォローしなさいよ!!アメフトのように~とお思いでしょうが

多分そこの穴ってダキニ様が戻ってくるということで ポジションを開けて待ってるよ~

そんな感じがします

例えば仮にその不在の穴に向って取り返しのつかないことが起こる場合は他の方々がフォローという感じでしょうが

そこまでじゃない場合はね~ そんな感じがします

我が家の神仏様も結局お一人で働くというよりは

如意輪様(ご本尊ですから)を中心とした如意輪曼荼羅というもので

全体として働いてるんでしょうね~

多分先祖霊なんかもそんな気がします

ついでに言いますと 先祖も神仏も何もドラマがおこらない普通の生活に

感謝できない人って助けたかないよね~という感じ

何もない普通の生活をありがたいと思えないって

神仏様や先祖霊の根本のお働きということに感謝できない

&どんなふうに働いてくれてるか 気づかないお人ですから

日常の感謝は大事ですよ~

人間ですね 日常が9割以上でイベントなんて1割もないじゃないっすか

そんな奇跡的なイベントばかり期待して日常をおろそかにするのは

お馬鹿さんです

だったら当たり前の日常を楽しくするほうが絶対豊かな生活になります

コメント

  1. ねこばす より:

    「普通の生活に感謝」、そうですね、大切ですね、最近、できていませんでした
    気付かせていただきありがとうございました

  2. 七海 より:

    昔、実家親と義母の病状悪化で、どちらからもいつ何時連絡あるかわからず臨戦態勢と、同時に子供の保育園と小学校と同時に問題を抱え、仕事も自分もヤバかった時期があり「普通に安心して寝られる普通の生活」のありがたさが、本当に「有り難さ」だと実感しました

  3. 猫のチャイ より:

    松が岡という所がお屋敷街と、この記事で知って思ったのですが。
    松岡という苗字の人は、会う人みんなええトコの子(親がお金持ちとか)な気が。阪急の創業者の血を引く熱血松岡修造さんのように。
    日本史的には必然なのですか?(調べるのが面倒で丸投げすみません)

  4. jimi より:

    松岡!!たしかに修三はお金持ちだしきっこもお金持ちぽい

    ちなみに貧乏人な私の周りには松岡さんはおられなかったです

  5. jimi より:

    何にもない~と歌っていまだに印税うん千万ですからね~
    虎舞竜なあの方は

    やはり何にもないことを幸せだったと思える男は偉大なのです

    ちなみに嫁の方が今になって思えばどえらいひどい気が

  6. jimi より:

    介護と子育て どちらかだけでも大変なのに
    お疲れ様でございました

    普通に生活できるだけでもいくつもの奇跡がですからね~

    ちなみに私の人生の目的は現状維持ですが
    これって凄く贅沢で本当はありえないことなんすよね~