読者登録お願いします
スポンサーリンク

神の手、福島医師

世のなか自分の希望を叶えるために努力を惜しまないという生き方がある

それが凄く素晴らしく尊いと思います

も一つですね

スポンサーリンク

人に希望を与えるための生き方もあるんだな~と思いまして

脳腫瘍の方に病気のブレス組んでメールいただきまして

ジミヘンさん、

お疲れ様です。神の手で有名な福島先生知ってますか?
脳腫瘍の事で、相談メールしたら一度みせにきてと言っていますと

秘書から電話がきました。
一つの、病院では不安でしたが、いよいよ手術の時でいいかな?

と、怖いのと呑気に構えてたら、電話がありびっくり。

凄くないですか?だって、忙しい方だし、

まさか返事くるとは、思ってなくて、
同じ腫瘍を、持ってる方より酷く
ないと思うんです。でも、まだ腫瘍見せてないので、

なんともいえないんですが、手術するのなら福島先生に、してもらいたいです。
ジミヘンさんも、福島先生にと願って欲しいな。

まだ、手術とは決まってないんですが、(笑)
ジミヘンさんの、ブレスを毎日つけて寝てたら、

いつも2回くらい夜中に起きてしまうんですが、朝までグッスリ寝れてます。福島先生も、ジミヘンさんマジックなのかな?
ありがたやです。腫瘍小さくなりますように。ジミヘンさん。

ありがとうー

ま、今色々考える時間があったりのタイミングでびっくり

これ読ませていただいて

ああ、人に希望を与えれる生き方って素晴らしいな~と思いました

多分神の手福島さんだって100%ではないと思うのです

もしかしたら普通ではむづかしい案件が多く実は他の執刀医よりも

うまくいく確率が低い場合だってあるかもしれない

ですがもうダメでしょ~と思われる方や家族が

神の手の方に執刀してもらえれば もしかしてと希望や望みとなってると思うのです

例えうまくいかなくても この方にお願いしてダメだったから

ここまでやったんだから ありがとうございますという心境になると思う

そういうのって凄く大事だし尊いと思ったり

これ祈祷したりする方も同じだなと

この方だったらもしかして そう思われる方の存在って

人間自分の希望を叶えるという生き方に人生の重きを置いてしまう場合が大半ですが

人に希望を与えれる生き方 それは凄く素晴らしいな~って

お医者さんでも祈祷やらされる方でも

それをやってお金や名声を手に入れるという手段という方もいると思いますし

それが頑張って勉強してという行動原理になってたりもあるかもしれないし

それはそれで治療効果を高めれればよいと思います

も一つの人のために役立つ そこの中に人に希望を与えれるために

学ぶという生き方 これは凄く素晴らしいな~と

人間希望を持てないほどきついことってないですからね

コメント

  1. 美人特派員 より:

    福島先生に治療してもらえるといいですね。
    祈っています。

  2. たま より:

    息子が生後半年を過ぎた頃、心臓に疾患があることが判明しました。

    たまたま近所の病院に、風邪でかかった際に、見つけてもらえたのですが、先生が心臓の専門家であり、名医であり、不幸中の幸いでした。

    判明した時、夫婦で来院するように言われ、そこでこう言われました。
    「夫婦や身内同士で、「お前の遺伝だ」と決してお互いを責めてはいけませんよ。これはね、神様がちょっと悪戯をしちゃっただけなんだから。大丈夫。ちゃんと見ていくから。」。

    もう、安心感・信頼感でいっぱいになりました。

    それが、小児科であるのに、親の私が病気になった際も、時間外である夜中に「大丈夫?」と電話をくれ診察してくださったり、とても有難い神様みたいな先生です。

    息子も、絶対に治らないと医学書にも書かれていた病気であり、手術する予定であったのですが、手術も服用もすることなく、ほぼほぼ治りました。
    看護師さんたち囲まれ「良かったね!」と拍手で祝われる日がくるとは!

    今も定期的に見てもらっていますが、お会いするのが毎回楽しみです。

    治すだけではない。心まで包み込んでくださる先生。尊敬していますし、大好きです!

  3. 猫のチャイ より:

    福島先生のドキュメンタリーを観たことがあります。世界中から腕を請われる医師なのでお金はおありでしょうけど、生き方が田中正造と同じだなと思いました。

    手術希望患者さんからのメール読みや連絡と、手術前準備と、手術と、手術後の自分用振り返りレポート作成と、患者さんと患者さん家族の術前後フォローと、術中の後進育成と。
    福島先生の生活はそれで99%埋まってました。手術時間が半日超えるのなんて当たり前の生活なので、三食なんて食べる暇はなく、病院では朝か昼にコンビニのおにぎり、自宅での夕食(帰れた日)は、患者さんからのメールを読みながらのカップラーメン。
    でも周りの人達には必ず笑顔で「ありがとう!」と。

    ご本人はそれがやりがいで生きるモチベーションだから、納得の上でこの生活をされているとは思いますが、なかなかここまでご自身の生活を犠牲には出来ませんよね…やはりというか、現在はアメリカの大きなお家で独身貴族です。

  4. 匿名 より:

    知人が福島先生のゴッドハンドで命が救われ後遺症も全くなく元気で暮らしてます。
    その知人は神社で手を合わせるのが日課の方で
    「神様がつなげてくださったご縁」とおっしゃっていました。
    その後福島先生のお父様はで明治神宮の宮司と知り、
    本当に神様がつなげてくださったご縁かもしれないと思いました。
    代々”神”なのだなーと、福島先生の生き様を見聞きするたび感じます。

  5. 匿名 より:

    まさに
    神繋がりですね。

    別件ですが
    ブログのコメント欄ですが
    時々わけのわからない名前の方
    ズラッと連名でありますが
    これってどうなんでしょう???